2015.04.15

「新・シマとの対話」、再スタートしました!

150515_519
4月になり、新年度を迎えましたね。
進学進級する人、新しい仕事に挑む人、新たな目標に向かう人たちがいて、
自分もあらためてこれからやっていきたいこと、
今年度の目標を立ててみたくなりました。

それは誰かに誓うというよりも、自問自答するかのように、
自分自身が目指したいことは何なのかと。

「仕事で依頼されての写真撮影もとても大切なのですが、
“表現としての写真活動”も、これからも大切にしていきたい!」
と、心から思ったことを宣言してみました。


すると、不思議なことが起り始めました。
“自分自身に宣言”することで、スイッチが入り、
本当に事が動き出したのです!


すると、あるかたから連絡が入り、急きょ面会することに。

その人物とは、詩人であり、演出家の平田大一さん。
代表作としては、沖縄の創作エイサーの代表曲として有名な大ヒット曲『ミルクムナリ』の作詞や、
15年以上のロングランを続けている現代版組踊『肝高の阿麻和利(きむたかのあまわり)』の演出を手掛けたり、数々の実績がある人物です。

お会いしてみると、
「数年ぶりに、詩と写真のコラボレーション、『シマとの対話』をしないか?」
というお話でした。

八重山諸島・小浜島出身の平田さんの詩と、五島列島・福江島出身の桑村が撮る琉球の島々の写真で、
コラボで連載してきた『シマとの対話』というコーナーがありました。

5年ぶりに連載を再開するとしても、かつての媒体はもうありません。
あらためてどの媒体に載せていけばいいものか?


スポンサーもありませんし、すぐにそのあてはありませんが、
自分たちの中から溢れ出してくる映像(写真)と言葉をつむぎ、次々カタチに表現してアウトプットしていきたい!
ブログからでもいいので、再スタートしていこう!
と、決意が固まりました。

それがこちら、「新・シマとの対話」です。
http://hiratadaiichi.ti-da.net/
(毎月、1日と15日に更新予定!)


前回までの作品は書籍化され、現在ではほぼ売り切れ状態となっていますが、
新しく生まれてくる作品たちも、いずれは書籍化していこうと思っていますので、
どうぞよろしくお願いします!

未来って、こうやって自分たちで作り出していけるものなのだ、ということを
あらためて実体験しながら、進んでいこうと思います。

人生の旅の扉は、まるで本の章扉のよう。
次の章にページ(未来)を開くのは、自分次第のようです。


※いよいよ本日、第1話を掲載致しました!
平田大一さんの肉声による朗読音声も視聴可能です!
→ http://hiratadaiichi.ti-da.net/

2015.03.07

奄美の新聞コラム、いよいよ最終回

Amami_sinbun_519s
2年間連載を続けてきた奄美の新聞コラムがいよいよを最終回を迎えました。奄美とは何かと御縁があり、今回は奄美のルーツを持つ写真家のジャン松元さんからのご推薦を頂き今に至りました。
しかし、故郷でもない奄美に、なぜ? じつは沖縄民謡と出会うかなり前に、奄美島唄と出会いました。今から20数年前、初めて歌を聞いたのは、まだ中学生だった貴島康男くんと高校生の中野律紀ちゃんの生歌。魂が揺さぶられる経験をしました。それはまだ、元ちとせちゃんがまだ奄美民謡を習う前の出来事です。
なぜ聞いたことも無い歌に郷愁を感じたのか、そのときはわかりませんでした。故郷の歌ではない奄美の歌を本気で学びたいと、朝崎育恵先生のもとに通い出した頃、よく聞かされていた話が、平家の話でした。その頃はよく理解できなかったのですが、自分の自出である五島、そして奄美、沖縄に移住してからひもとけたことをつなげると、南走平家が共通のキーワードとして、運命のように降り掛かってくるようになりました。まだ追いかけ(追いかけられ)はじめて十数年ですが、これまでのことを2年にわたって綴らせて頂き、最終回でも書かせて頂いたのですが、これで終わらないことをひしひしと勘づいております。連載の1年延長を根気づよく勧めてくださった担当編集者の熱意と、何かと行き詰まったときに見事なタイミングで助け舟を出してくれた平家ゆかりのA家のかた、そして貴重な資料提供と、あらためてお話を聞かせて頂いた朝崎先生、関係者のみなさま、本当にありがとうございました。魂の旅は、まだまだ続きます。
人気ブログ

2015.02.25

宮古島取材のエピソード話

宮古島
宮古取材の2日間は、まさかの降水確率・60%と70%という天気予報。
しかし、どうしても晴れ間を撮らなければならないミッションでした。

初日はなんとか雨をかわし、最終日の朝、ある取材先との会話で、
ふと、「もしかして神司(神人)さんですか?」と質問してみると、
やっぱりね。映画スケッチ・オブ・ミャークにも後ろ姿で出演されていたかただったでした。

「宮古をしっかり紹介してもらうために、
神様にお願いして、先にまとめて雨降らせて、晴れさせようね〜」

そこはまさかとは思いません。やはり見事にその通りになり、
昼前に視界ゼロになるくらい土砂降りに。

「宮古の神様は強いからね、ドカっと降りすぎることもあるよ」

まったくその通りに!
でも1時間ほど続くと、そのあとは青空が出て来て、
おかげさまで無事ミッション完了!!

「だけど、あなたこのプロジェクトは、ちゃんと漲水御嶽に参拝したの?」

初日は団体行動だったので、2日目の朝に「遅れてすみませんでした」と
お参りしてきたところでした。

「プロジェクトのかたがたもするべきよ。すべてが完了したら、御礼参りもしてね」

あっ!このプロジェクトの撮影日だけ天候が崩れるらしく、
その通りだな〜と、うちあたい。

絶望的な天気予報のなか、なんとか撮影ができたのも、
本当に、宮古の神様のおかげとしかいいようがありません。
タンディガ〜タンディ!「深々と感謝です!」
人気ブログ

2014.07.20

二科展

二科展
二科展写真部展に入選しました。

案内状が届いておりまして、
表彰式が9月にあるとのこと。
久しぶりの東京行きになりそうです。

人気ブログ

2014.07.14

新刊案内

大塚寧々
7月14日よりが発売中!
店舗撮影を担当させて頂きました。

お求めは、全国書店のほか、
Amazonでも購入可能です。
→ http://urx.nu/9FI3


人気ブログ

2014.02.13

県産野菜を食べよう『いーさぁフェアー』

Isa_poster
県産島野菜をおいしく食すいーさぁフェアが2月14日(金)からスタートします。
フェアーには、おきなわ食材の店17店舗が参加し、約30種類のメニューが登場。

メルキュールホテル沖縄那覇(フレンチ)
日本料理 良(日本料理)
やんばるの家庭料理みつ子ばぁばの台所(居酒屋)
やんばる野菜カフェ たましだ(ダイニングカフェ)
沖縄料理と炭火焼き ららみー(居酒屋)
おもろはうす(居酒屋)
バルドメール(フレンチ&イタリアン)
おきなわワールド バイキングちゅら島(バイキング)
我那覇豚肉店カフーナ旭橋(しゃぶしゃぶ店)
ミクリシンカワヤ(ダイニング)
炭火焼と泡盛 GeN(焼肉店)
創作そば みつまる(日本そば)
椛弁当(弁当)
かっぽう山吹(割烹)
ももたま菜(居酒屋)
きんぱぎんぱ(居酒屋)
隠れ家カフェ 清ちゃん(ダイニングカフェ)

2014.02.12

2月からカルチャーのカメラ教室はじまります

140212_4675
2月より、カルチャースクールにてカメラ教室を開校しました!
毎週生徒の皆さんと沖縄各地に撮影会に出掛けたり、次の週はスライド投影しながら発表会&レクチャーを重ねていきます。

追加募集については、現在も随時募集中です。
みなさんと素敵なカメラライフを深めていけたら幸いです。


場所:ウェル・カルチャースクール普天間校
日時:毎週火曜 午前10時〜12時
受付:098-963-9688

人気ブログ

2014.02.08

2月は写真展からスタートしました!

桑村ヒロシ写真展
みなさん、こんにちは。
2月は写真展からスタートしました。
テーマは『Nightscape』。
夜の景色です。

宇宙の煌めき=たとえば夜空に輝く月、天の川、流れ星...
小さな生き物の命の輝き=珊瑚の産卵、蛍...
夜の花々=たとえば夜桜...
そして夜の祭祀=たとえばエイサーや豊年祭...

人の営みと自然の明かりの響宴を写真で表現しました。

期 間:2月1日(土)〜2月28日(金)
会 場:カフェcoil
住 所;沖縄県那覇市楚辺1丁目3−21
時 間:朝7時30分〜夜22時まで(土日祝のみ朝10時〜)
定休日:2月19日(水)のみ
地 図:http://goo.gl/maps/zOnGE

大きな地図で見る


人気ブログ

2014.02.03

節分。そして立春

140203_519
写真展「ナイトスケープ」をご覧になられた玉城享子さんが写真作品と共鳴されて、
急きょ、舞台撮影まで発展しました。

場所・国立劇場おきなわ
日時・節分の日

新しい節目のときに、ふさわしい現場。

そして明日は立春。
この流れを大事につなげていきます。
人気ブログ

2014.01.31

旧正月あけましておめでとうございます。

旧正月
旧正月あけましておめでとうございます。
新しい一歩(未来)がはじまります。
未来とは=未知(道)が来る(巡る)。

これから新しいコトをはじめようと思っていたところ、
しかし未定な部分が多いまま、大海原に出発しなければならず不安もありましたが、
そういうときは、やはりまず決心が大事なようで、心を決めたら、モノコトが動いていきます。

きのうの大晦日に、2月から新しくやるべきことが決まりました。

まるで神様から試されているようで、
自分が本気で何をやるべきか、の使命を頂く(自覚)することでハッキリ明確に成りました。
未来を切り開くためにまっとう志マス。

(旧正月の元旦の朝に)

人気ブログ

2013.12.30

虹の共演

131230_0173niji_519
今年を締めくくる1枚は、虹の写真。
大きな虹がビルに重なってしまったのですが、
よく見てみると、そのビルにも虹が描かれていました。

「虹の共演」ですね。

「奇跡のダブルレインボー」と言えるかもしれません。

そんな奇跡の1枚はラッキーな写真。
みなさまにもラッキーな瞬間をシェアさせて頂きます。

また来年も、幸多い1年と成りますように。

人気ブログ


2013.11.12

野外撮影が好きな理由

131110_519
ぼくは1年のうちに何度ここを訪れているのだろう。
きのうは動画撮影の仕事で早朝からおじゃまさせて頂いた。

ムービーといっしょにスチール撮影をしていると小鳥が近寄ってきて
シャッター音を真似しはじめ、カメラのシャッターを切るたびに綺麗な鳴き声を聞かせてくれた。

しばらくすると、今度は犬が孟突進してきた。
そのまま襲われるのかと思うくらいの勢いだったが、
嬉しそうに駆け寄って来てカメラの前でぴたっと止まると、
反転して、いきなり水の中に飛び込んだ。

カメラにはほかにも異様なものも写し込んだけれど、
暗いうちは最初は怖いが、気持ちが落ち着いてくると、なぜか心地良い。

そのうち朝を迎え、ひと通り撮影を終えて帰ろうとすると、さきほどの小鳥がくっついてきた。
信号待ちも車と一緒に停まっていたのでパンをちぎってまたねって渡した。

野外での撮影が一番好きな理由が何だかわかったようなひとときだった。
人気ブログ

«夢日記(2013/9/10)

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ