« 着信アリ | トップページ | ji ma ma メジャーデビュー »

2004.01.21

うちなー芝居と琉球舞踊

0106.jpg
先日、沖縄芝居の新春特別公演を見に行った。
TVでは観たことがあるけど、生で観るのは初めて。
(Yさんに感謝!)

ちょうどこの日の午後は、取材で国立劇場おきなわの開場記念公演で、組踊を観たばかりだったので、夕方からの沖縄芝居をより楽しむことができた。またホッとするひとときでもあった。

はじめて観賞してみて気が付いた点は、芝居の合間に、琉球舞踊があるという事に注目。そう、琉球舞踊よりも芝居のほうがメインではないか。

よく見ると、琉舞を綺麗に舞っているのは、芝居に出ている役者さんだ。

あとでその点をあるかたに伺ってみると、
「琉球舞踊が踊れるようになってから、はじめて芝居を演じる事ができるものだ」という。

以前は、お祭りなどでは、沖縄芝居がメインで、琉舞は、役者さんが着替えを行っている合間に出されたものだったとか。
今ほど社会的地位があったわけでなく、かつては琉舞は遊郭で習っていたものだという。

「今の舞踊は、アドリブが効かない。
以前なら、舞台の大きさを見て、“今日は前奏をどれくらい延ばそう”などと地謡さんと打ち合わせて臨機応変に調整したものだが、今はきっちりマニュアル通りで“前に10歩”だったら、もうそれしかできない。舞台が大きくてもたったの10歩。小さかったらもうできないなどと、融通が利かなくなっている。芝居の役者なら、それができるのだが...」
というコメントが返ってきた。

« 着信アリ | トップページ | ji ma ma メジャーデビュー »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うちなー芝居と琉球舞踊:

« 着信アリ | トップページ | ji ma ma メジャーデビュー »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ