« かんから視察団・名護の球場へ | トップページ | ホエールウォッチングへ!! »

2004.02.16

やんばるdeたんかん狩り

0215tankan.jpg
きのうはプロ野球観戦のあと、うちのメンバーのひとりが「とっておきの場所がある!」という。その言葉に従って導かれるがままに、やんばるの山奥へと“たんかん狩り”に向かった。

急な斜面に、たんかんの畑があり、ひとつ落とすものなら勢いよく崖の下まで転がってゆく。
おむすびころりん“たんかん編”だ。
この急な斜面によって、まんべんなく太陽の光を浴びた実は、とても甘くて美味しい。
採ったあとは時間が経つにつれ皮が固くなってゆくので、
その前に、フレッシュな“たんかんジュース”を作ってしまうのもいいかもしれない。
“しぼりたて、果汁100%のたんかんジュース”、美味しそう。

山原のおばぁのたんかん畑は、RIKのコンテンツにするのには惜しいくらいの(?)、とっておきの場所となった。

« かんから視察団・名護の球場へ | トップページ | ホエールウォッチングへ!! »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やんばるdeたんかん狩り:

« かんから視察団・名護の球場へ | トップページ | ホエールウォッチングへ!! »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ