« 本部ナークニー大会 | トップページ | 沖縄移住計画特集号「沖縄スタイル」 »

2004.04.27

穴場の温泉、お食事処

0425d.jpg
やんばるでの休日の過ごし方[本部編(4)]
「穴場の温泉、お食事処」

本部町への探訪は、これで終わらない。
本部ナークニー大会の会場近くには、温泉があるのだ。
時々、利用させてもらっているそのお風呂は、リゾートホテル「マハイナ」の中にある。
長期滞在型のホテルでもあり、1週間から1ヶ月とロングステイもできる施設だ。
環境庁の鉱泉分類指針によれば、正式には“食塩泉”となるらしいが、
沖縄のお風呂屋さん(銭湯や温泉)は、相場が千円前後とやや高めな施設が多い中、
ワンコイン(5百円玉一枚)で入浴できる温泉があるとは嬉しい。

そして、帰り道にある居酒屋へと立ち寄る。
ここは、とんかつや寿司もうまいと地元で親しまれている居酒屋さんで、かんからシンカの浮き玉三角ベース「山原かんからサンシン団」のメンバーたちと打ち上げをしたお店でもある。

店内には三線が何本か置いてあるので、お客さんがなにげなく演奏しはじめたりするのも、ここではごく自然の光景のようだ。
いつものようにお客さんがお店の三線を手に取り、そしていきなり“本部ナークニー”を歌い始めた。
その歌声には聞き覚えがあった。驚いたことに、隣の席のお客さんは「本部ナークニー大会」に出場していた人たちではないか。

23:00を過ぎた頃、あとからぞろぞろと入店してきたのは、「海のカーニバルin本部」に出演していたロックバンド“CRIMSON”のメンバー!
中には、“ビーチフラッグ”レースで決勝戦で共に戦ったニーニーもいる。
うんなこんなの本部の一日を過ごしたのだった。

« 本部ナークニー大会 | トップページ | 沖縄移住計画特集号「沖縄スタイル」 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 穴場の温泉、お食事処:

« 本部ナークニー大会 | トップページ | 沖縄移住計画特集号「沖縄スタイル」 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ