« 平良とみさん夫妻 | トップページ | ウンバボ共和国 »

2004.06.30

伊是名のいっちゃん!

この日、国立劇場おきなわにて、斬新で意欲的な沖縄芝居が行われた。

まずは、喜劇から、
・狂言「附子」を沖縄芝居にアレンジした『ニタカマンタ』。
 出演:平良進、平良とみ、当銘由亮

そして、悲歌劇、
・琉球三大悲劇『泊阿嘉』を大胆にアレンジ。
 出演:小嶺和佳子、佐辺良和、阿嘉修、高宮城実人、当銘由亮、当山彰一
 地謡:唄三線に千秋(しゃかり)、ほか

前日から取材で、本番前リハーサルをまるごと拝見させて頂いた。
ニタカマンタについては、平良進さん&とみさんの息の合った演技とその熱演ぶりが素晴らしい。
舞台後、楽屋裏で平良進さんが「たったの4日間で本番を迎えた」というからかなりの驚きだ!!
最初から最後まで喋りっぱなしでハンパでなくセリフが長い。その集中力とそれを魅せる演技力がなんと凄いこと。

脚本家・加藤直が大胆に演出した『泊阿嘉』については、
佐辺良和さん、小嶺和佳子さんは、“完全に”役に入りきっている。
それから、舞台裏では木訥な高宮城実人さんが舞台の上では、まったく別の性格になりきれるところが凄い。
もちろん、阿嘉修、当山彰一、そして2つの舞台を掛け持った若手実力派の当銘由亮も素晴らしい。

客席には、北村三郎さんの姿もあり、ぼくのとなりには、はじめゆたかさんが座っていた。
はじめゆたかさんからは興味深いお話をお聞きすることができた。

そして、地謡席に注目!
しゃかりの千秋さんの唄三線の上手さはもちろん最高。
そして、太鼓を叩いている人に見覚えが...、
0630izena.jpg
伊是名島で出会った尚円太鼓の“いっちゃん”だった(@.@)v

« 平良とみさん夫妻 | トップページ | ウンバボ共和国 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊是名のいっちゃん!:

« 平良とみさん夫妻 | トップページ | ウンバボ共和国 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ