« 民謡コンクールを振り返って [前編] | トップページ | 南大東島のつながりで »

2004.07.08

那覇の日@山里勇吉LIVE

7/8=なはの日に、山里勇吉ライブがパレットくもじ前広場で行われた。
0708.jpg
ナビィの恋では、アブジャーマー男にて『月ぬ美いしゃ』をアカペラで独唱し、ちゃらさん2では、おばぁ(平良とみさん)の恋人役を演じ『デンサー節』を歌った山里勇吉さん。
その彼の歌声を聴きに、出演時間前から多くの人々が集まった。
会場には、Y沢さん、南大東島の浜ちゃん、大城美佐子さんのお弟子さんのかなちゃんの姿も。

もう80歳になるというのに、その力強い歌声は健在。
『とぅばらーま』では、“もう一度、17、18歳の頃に戻りたい”と歌う。
アンコールでは、コンクール課題曲となった『安里屋節』を歌った

伴奏は、山里勇吉さんのお弟子さんの金城盛長先生(元パーシャクラブ/写真左)。
この日の演目は、大体は決めていたらしいが、始まってみるとぶっつけ本番になったとか。
(こういう話しは、大御所唄者さんにはよくある話って聞きますよね)

舞台終了後にご挨拶すると、
「あいっ! KUWA君おめでとう! 勇吉先生、こちらは今回優秀賞を受賞し...」
  と紹介しはじめたものだから、慌てて、
「盛長先生〜っ!今回は残念な結果となりました」
  と告げた。
  盛長先生はコンクールの際は事務局席におられたので、
「てっきり合格していたと思ったさぁ。なんで上等だったのに。
 また、来年への宿題を頂いたということだね!」
  と激励頂く。

今日の『安里屋節』、しっかりと堪能させて頂きました。

[ info ]
来週火曜に、かりゆし劇場でも、山里勇吉さんが出演されるそうです。

« 民謡コンクールを振り返って [前編] | トップページ | 南大東島のつながりで »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那覇の日@山里勇吉LIVE:

« 民謡コンクールを振り返って [前編] | トップページ | 南大東島のつながりで »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ