« [辺野古]座り込み100日目 | トップページ | 無人島へ(本日体験記掲載) »

2004.07.28

[宜野湾]佐喜真美術館へ

佐喜真美術館で開催中の「沖縄の作家シリーズ?沖縄からの発信」第一弾、
『島 武巳 陶の世界展』を観に行った。
直線を否定する島さんのうねりのある曲線と力強い作風は、唯一無二。
焼き上がりの色具合も、人間国宝さえも“こんな色はなかなか出せるものではない”と唸らせたほど。
未発表作品を含めた作品群100点近くが展示されているのは、8月9日(月)まで!

常設展示の『沖縄戦の図』も必見の佐喜真美術館へ、この機会に是非。

[写真] 美術館の建物の屋上にある6段+23段の階段を上り詰めたところの小窓は、沖縄戦にこだわって6月23日(慰霊の日)の太陽の日没線に合わせてつくったといわれる。
6月23日には、ここに光が差し込んでくる設計だ。
sakima.jpg
その小窓からは、美術館すぐ隣の普天間基地を俯瞰して見ることができる。

« [辺野古]座り込み100日目 | トップページ | 無人島へ(本日体験記掲載) »

RIK取材ネタ帳」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [宜野湾]佐喜真美術館へ:

« [辺野古]座り込み100日目 | トップページ | 無人島へ(本日体験記掲載) »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ