« ピースフル・ラブ・ロック・フェスティバル | トップページ | 沖縄のプロジェクトX »

2004.07.05

紫、かっちゃんバンド他、コザロック

ロックフェス2日目は、よりによって、民謡コンクール受験日と重なった。
0704kw.jpg
取材はお休みしたいところだが、ライターさんはこの2日目を中心に記事を書く予定なので、どうしても2日目の写真も必要だった。
ライターさんは、楽屋〜舞台裏で密着取材しているので、ステージ前からの撮影は、やはり自分で担当するしかなかった。

0704kc.jpgその2日目というのが、このロックフェスでは重要になってくる。初日は若手を中心に、最終日は往年のコザロックを賑わせたバンドが総出演。(写真は、かっちゃんバンド)
それが今では、かつてのコザロックよりも、“沖縄インディーズ”をキーワードに活躍する若手のほうがかなりの盛り上がりをみせている。

初日は若いお客で超満員だが、2日目は客層の世代がガラリと代わり、客の入りも寂しい。会場そのものが、まるで今のコザの街のようである。

フジロックフェスを見習えば、若手とベテランのバンドをバランスよく、2日間に振り分けること。
もうひとつの提案としては、2日通し券の割引率を上げることによって、ユーザーにとっても2日間ともに通いたくなるはず。

しかし、今回は、また別の視点で、ピースフルを分析し紹介予定。執筆は、ゲットハッピーレコードの黒島さんを予定。
(RIKへの公開は、7月中旬予定!)

« ピースフル・ラブ・ロック・フェスティバル | トップページ | 沖縄のプロジェクトX »

RIK取材ネタ帳」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫、かっちゃんバンド他、コザロック:

« ピースフル・ラブ・ロック・フェスティバル | トップページ | 沖縄のプロジェクトX »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ