« 比屋定篤子LIVE初日 | トップページ | 沖縄藝能新聞「ばん」創刊号に »

2004.07.11

インターネットで三線教室

0712a.jpg
沖縄での旅先で三線の音色に触れて魅了され、三線をお土産に買って帰る人も多く、月間になんと数千本もの三線が売れているといいます。
自宅の近くに三線教室がなくても、CDをお手本にして工工四(譜面)や教則本で頑張っている人も多いことでしょう。
そんな人に朗報です。インターネットの三線教室が近々オープン予定(7月22日に初級からスタート/中級は来月初旬)との話。

0712b.jpg講師には、若手民謡歌手の上間綾乃さん(初級コース)からベテランの唄者・げんちゃんこと前川守賢さん(中級コース)らが出演し、オリジナル曲などを自らが手ほどきするというもの。
初級の課題曲は、「ハッピーバースデー」「安里屋ユンタ」「十九の春」「涙そうそう」「童神」のほか、読者からのリクエストなどで練習曲を増やしてゆく見込みとか。

また、沖縄で実施されている民謡コンクールの課題曲なども採り上げてゆく予定のほか、上級者向けのコースについてもこれから準備してゆくとの事。

0712c.jpgいわゆるeラーニングの三線教室版で、自宅のPC画面上で自由に課題曲を選択し、ストリーミングされる動画を観て学ぶというもの。ブロードバンドユーザーに限らず、ダイアルアップユーザーにも利用できる様になっている。月謝1,000円(+入会金3,000円)で利用し放題。

今後の講師陣には、神谷千尋さんや與那覇 徹さんを予定しているほか、なんと、奄美島唄の貴島康男さんなども登場を予定し、難しく思われている奄美島唄を優しく手ほどきしてゆきたいとの事。

沖縄発、プロの唄者さんによる三線の手ほどきを、本場の対面稽古に近いカタチで学べるところが魅力的ですね。

「将来的には、受講者参加の『安里屋ユンタ大会』などができればと思っています」と、沖縄音楽デジタル販売協同組合の上里忠弘さんは語った。


■問い合わせは、「沖縄音楽デジタル販売協同組合」窓口
キャンパスレコード:TEL.098(932)3801
まるみかなー:TEL.098(860)4668

« 比屋定篤子LIVE初日 | トップページ | 沖縄藝能新聞「ばん」創刊号に »

ザ・島唄」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インターネットで三線教室:

« 比屋定篤子LIVE初日 | トップページ | 沖縄藝能新聞「ばん」創刊号に »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ