« [沖縄の旧盆(3)] ウークイ | トップページ | [編集後記] さりげなくアクセス30%上昇 »

2004.09.01

[知念村] ヌーバレー

0831nkjn.jpg
島尻では『ヌーバレー』と呼ばれる豊年祭に近いお祭りが古くから行われていたそうで、現在は、知念村の久手賢、安座間、知名に残っています。

0831htgr.jpg今では、安座間も地謡(じうてー)がいなくなり伴奏はテープになってしまっている状態ですが、すぐとなりの知名では現在でも生演奏で奉納芸能が行われています。

というのも知念村知名は、人間国宝・照喜名朝一さん(安冨祖流)の生まれ故郷という事もあり、まだまだ脈々と受け継がれているようです。
「そんな、照喜名朝一さんも実は、この『ヌーバレー』で育ったと言っても過言ではないのですよ!」と語るのは知念村のOさん。

本会場に向かう前に、村内(字)にある拝所までを道ジュネーし、お参りと奉納芸能が行われるのですが、[写真上:今帰仁ヌー]の男性の様に踊りの足の挙げ方(曲げ方)が独特です。
spacer.gif
0831trkn.jpg
[写真下:左側] 照喜名朝一さん(重要無形文化財保持者・人間国宝)の生歌をゆかりの地で聴くことができました!
その一曲目にいきなりアカペラで歌い出したのは....、なんと古典曲ではありません。異国のスペインの歌を熱唱してしまうではありませんか!!

[写真下:右側] は、照喜名朝一さんのお孫さんの照喜名朝史くん。おじいちゃんからお父さんもお母さんもやはり芸能一家の血筋に生まれたそのチビちゃんは、まだ若干2歳(!)というのに『えびす大黒』や『組踊:花売の〜』では、チビえびす大黒様やお猿さん役を立派に演じきり、会場はもう拍手喝采 (^ ^)//~~

演目数は、計29演目! 夕方から夜10時まで(昨年は11時まで)続きましたが、その後、村民のみなさんは足早に一斉に帰宅します。
村民の方にお話を伺うと「これから、グソー(あの世)の人が舞台上で踊るから、終わったら皆すぐに帰宅する事になっているんです」という訳でした。
なるほど、旧盆のウークイで送り出した後に行われる祭りというだけありますね。

その他、専門的な資料も入手する事ができました。各媒体のほか、RIKのほうでも掲載予定ですのでどうぞお楽しみに!
0831nbr2.jpg

« [沖縄の旧盆(3)] ウークイ | トップページ | [編集後記] さりげなくアクセス30%上昇 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

KUWAさん、お久しぶりです^^
お元気そうで何より。

ヌーバレー・レポート興味深く拝見しました。
そして、とーっても細かくて申し訳ないのですが、
朝一先生のお孫さんは「朝史」くん、お父さんが「朝国」さんでは…?

実は今、朝国先生にサンシンを習っているので^^;

Yurippeさん>
お元気ですか?
お休みはとれていますか?

今、三線を習っているんですってネ。
美ら島物語のメルマガ読んでいますヨ ^^)v
今後の美ら島物語の三線コンテンツの更新を楽しみに待っていますよ。

その先生が朝國さん(まだ若い!!)で、そして、その息子さん(まだ2歳!!)が朝史くんなのですネ。
訂正しておきますネ。お知らせありがとう!

KUWAさん

はい、私は元気です^^
お休みもちゃんと頂いてますヨ

メルマガ読んでくださってありがとうございます。
朝国先生は私と同級生なんですよ。
教え方がとっても上手なので、教室は楽しいです。

道はまだ長~いですが、がんばります。
KUWAさんもすごいご活躍ですね。
色んなレポート、楽しみにしています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [知念村] ヌーバレー:

» 沖縄芸能の民 [上等沖縄司会屋]
知念村知名の「ヌーバレー」は旧盆明けの旧暦7月16日に行われてきた伝統ある村あげての祭り(^^)今年は昨日(旧暦7月16日)行われましたまずは地元の集落を練り歩... [続きを読む]

« [沖縄の旧盆(3)] ウークイ | トップページ | [編集後記] さりげなくアクセス30%上昇 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ