« 幻のEP盤 | トップページ | 9.11 民謡芸能祭 »

2004.09.09

[ヘリ墜落] PTSDへの対応

0909okikk1.jpg
放射性物質搭載機が墜落した疑いが深まってから遠ざかっていた沖国大へ、久しぶりに訪問。
沖国大にてヘリ墜落事件に関連する写真展が開催中(入場無料/5号館1Fロビー)。生々しい現実をとらえた厳選写真の数々。
私たちは、事故直後、米兵が「Radioactivity!(放射能)」と叫んでいたのを耳にしています。
というコメントなど、マスコミ発表のものよりもリアルではないだろうか。
9月12日(日)14:00〜の市民集会のあとにでも立ち寄ってみてはいかがだろう。

いつまたこんな事件が起きるかわからない。そんな不安に怯えて、夜もあまり眠れない/悪夢を見る/食欲が失せた/サイレンやエンジン音を聞くと自分の所に落ちてくるのではと不安になる/など、
生命の危険にさらされたあとに現れる急性のストレス反応にはケアが必要で、その状態を続けているといわゆるPTSD(心的外傷後ストレス障害)に陥りかねません。
(またその様なことをふまえて、“取材、もしくは事情聴取の際は、十分にご配慮ください”とのこと)

そんな精神的なケアの一環として、“宜野湾市の相談室”と“大学の心理相談室”が相談窓口となっている。学生教員に限らず、一般の市民も無料で受けることができるので、上記症状の見られる方はぜひ利用していただきたい。
0909okikk2.jpg

« 幻のEP盤 | トップページ | 9.11 民謡芸能祭 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ヘリ墜落] PTSDへの対応:

» 宜野湾市米軍機墜落抗議集会の日 [上等沖縄司会屋]
もう1カ月経ってしまうーー。信じられない。今でも衝撃は忘れない。8月13日 米軍機が宜野湾市の沖縄国際大学に墜落下記の写真は管理人である私が事故直後30分以内に... [続きを読む]

» ストロンチウム90 [たまごの距離]
「そのストロンチウムの被ばく量は医療用エックス線より少なく、人体への影響はない」ということですが、たぶんこれは間違いです。 [続きを読む]

« 幻のEP盤 | トップページ | 9.11 民謡芸能祭 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ