« 国場のウズンビーラ | トップページ | 銀塩カメラへの挑戦状 »

2004.09.26

ハブンチュ

0812b.jpg“彼ら”に遭遇したのは、8月12日のことだった。
翌日の8月13日にはこのBLOGで掲載する予定だったが、沖国大のヘリ墜落事件があったものだから、記事掲載がすっかり延期となってしまった。

“彼ら”は、あるARTイベントのイメージキャラクター“ハブンチュ”に扮して路上PRしていたのだが、一般市民からは思いっ切り退かれてしまっていた。
その光景は、“アート”と“一般の市民感覚”との距離感が現れているようでもあった。
(別の原因はフンドシにもあったような気もするが)

“彼ら”=この謎の人種らが企画するARTイベントとは、KYO-RYU ARTPROJECTといい、沖縄県立芸術大学と京都市立芸術大学の学生35名が、国際通り〜平和通り〜公設市場周辺などで、絵画・陶芸・染色・映像などの様々な表現を展示するというもの。

今日はその最終日で、午前中に首里金城町石畳道で“ケイドロ(警察泥棒ごっこ?!)”。午後は旧第二公設市場跡でライブパフォーマンス。夜22:00からは、火の玉ホールで京都と沖縄のDJバトルが行われる予定。
0812aaa.jpg

« 国場のウズンビーラ | トップページ | 銀塩カメラへの挑戦状 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハブンチュ:

« 国場のウズンビーラ | トップページ | 銀塩カメラへの挑戦状 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ