« ジョニー・ブラック5年 | トップページ | 陶芸教室で三線のバチを作る?! »

2004.10.26

ばんHP公式オープン!

1026van.jpg
沖縄の藝能新聞「ばん」の公式サイトがオープンした。
新聞版「ばん」の活字にならなかったネタを公開するコーナー『Special Edition』。
今回は、上原直彦さんのオリジナル原稿が復活。
また、同コーナーは編集後記的なページでもある。

それから、次号予告が告知されていることにも注目。
2004年11月発行予定の次号では、
巻頭インタビューに、「オキナワ音楽ブームの中で〜島唄を語る」と題して、
徳原清文 x 小浜司 さんの対談が掲載予定。

また、バックナンバーの一部も購読可能で、大工哲弘さんや上原直彦さん、小浜司さんの記事を読むことができる。

http://www2.odn.ne.jp/okinawabangnet/

また、藝能新聞「ばん」を発行するきっかけとなった経緯と、この「ばん」の名前の由来も書かれている。
ところで、その「ばん」の欧文のつづりが進化(?)していることに気が付いた人がいるかもしれない。
当初から現在まで発行されている新聞の第4号まで、たしか「THE VAN」だったはずで、ネットでは「THE BANG」となっている。

編集委員のKennyさんにお話を伺うと、「実は2つ存在していました(笑)」という。
詳しくは、定期購読申込の際にでもKennyさんに聞いてみたらいいかもしれない(笑)。
okinawabangnet@cool.odn.ne.jp

少しヤバイのが、プロフィールと顔写真が初公開となってしまった人がいることだ。
すでに、沖縄のどこでもよく見られているので今更かもしれないが。
著名な方々に交じって、一人、若手(?!)がいるがさらっと見逃してほしい。


 追伸;
 この藝能新聞「ばん」については、
 沖縄スタイル編集部がつい数日前に発行したムックのほうでも
 紹介されているとのこと。

« ジョニー・ブラック5年 | トップページ | 陶芸教室で三線のバチを作る?! »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ばんHP公式オープン!:

« ジョニー・ブラック5年 | トップページ | 陶芸教室で三線のバチを作る?! »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ