« ばんHP公式オープン! | トップページ | よなは徹インタビュー »

2004.10.27

陶芸教室で三線のバチを作る?!

1026a.jpg
いきなり完成作品から(右)。中央が見本となったバチ大、左奥がバチ小。
大きめのバチが欲しかったので、特大のバチを作りました。
焼くと縮むというので、約1.2倍くらいを目安に作れば良いとのこと。しかしそれにしても大きくなりすぎたかも……?

1026b1.jpg
1026b2.jpg
工程を振り返ってみよう。
[1] 陶芸教室で配られた粘土は1kg。
   バチを作るには1kgも必要ない。
   これくらいの量があれば十分。
[2] 粘土に指を入れて穴を拡げる。
   焼くと縮むのでやや大きめに作っておく。
[3] なんとなくカタチになってきた?!
   やっぱり、かなり太いような……。
   あとは根気強くカタチを整えてゆく。
   十分に自然乾燥させ焼き上がるまでもう少し時間が掛かる。
   焼くとシェイプアップされるというので、
   どこまでスマートになるのか、また焼くと色も変化する。
   赤っぽくなるのか青っぽくなるのか、仕上がりが楽しみだ。
   もちろん、焼き上がりの完成品で実際に三線を奏でてみたい。
  (後日、RIKなどで公開予定)

あまった粘土で、とんとんみーの箸置きを作ってみた。あまりにも粘土の残量が多いため、こんなにたくさん出来てしまった(左下)。とんとんみーの箸置きは、壺屋の窯元・育陶園がオリジナル。そう、先生となる赤嶺肇幸さんは育陶園出身の若手陶芸家。彼の作品展は10/31(日)まで、アルテ鳥堀で開催中!
住所:那覇市首里1-46(首里駅から徒歩2分)
1026c.jpg

« ばんHP公式オープン! | トップページ | よなは徹インタビュー »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陶芸教室で三線のバチを作る?!:

« ばんHP公式オープン! | トップページ | よなは徹インタビュー »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ