« 台風で帰れない [伊是名島編] | トップページ | 金武の獅子舞と弥勒 »

2004.10.21

本部備瀬の狂言亀浜

1017bise.jpg
なんて芸能豊かな島なんだろう。それは離島だけの話ではなく、本島各地でも様々な芸能に触れる機会がある。各字の豊年祭などはもちろん、意外なイベントで行われていたりするから驚かされる。

先日開催された『やんばるの産業まつり』でも、やんばる方面の各地域の伝統芸能が披露された。本来は、地元の字でのみ厳かに行われるであろう奉納芸能などが、いくつも観られるというのだからたまらない。

本部町備瀬の豊年祭などは、4年に1度しか開かないもの。今年がその年にあたり先月開催されたばかりなので、次回は、2008年にならないと観ることができない。

その奉納芸能の代表的な演目『狂言亀浜』が、この産業祭りで拝見することができるという。しかも、上演プログラムにも記載が無かったので、これはラッキーとしかいいようがない。
この鬼の面にみえるそれは“天狗”なのだそうで、さてこの舞台についてのレポートは、RIKのメールマガジンでご紹介することに。

« 台風で帰れない [伊是名島編] | トップページ | 金武の獅子舞と弥勒 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本部備瀬の狂言亀浜:

« 台風で帰れない [伊是名島編] | トップページ | 金武の獅子舞と弥勒 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ