« 沖縄の絆(1) | トップページ | オキナワンボーイ »

2004.12.09

今年も全島エイサーを振り返って

041209
本土では、すっかりエイサーも季節感がなくなるほどに、年中を通して観る機会が増えたり、県人会以外でも県外サークルも増えたりとその賑わいといったら一種のブームかもしれません。
これが県内の人からすると、“エイサーが今の時期に?”となったりするのでしょう。

『季節はずれのエイサー話題』(by.だーしゃさん)

今では、県内でも年間を通して結婚披露宴の余興としてエイサーが演じられたりもしていますが、ご年輩の方などは“お目出度い日に、旧盆の舞いをやるなんて……”って嘆いたりもしているかもしれませんね。

そして、全島エイサーフェスティバルといえば、各地域の旧盆の役目を果たした青年会のほか、千原郷友会(現・嘉手納町)の伝統エイサーも拝見することができるという、最大級のエイサーの祭典ですね。
その全島エイサーから3ヶ月経ちましたが、今年も振り返ってみることになりました。
前編後編と2部構成の思い出のアルバムです。

青年エイサー関連の話題としては、次の『藝能新聞ばん』でも、よなは徹さんにRIKインタビューの続編とも言えるお話を再び伺ってきましたので、そちらもどうぞお楽しみに!

« 沖縄の絆(1) | トップページ | オキナワンボーイ »

今日のRIK」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年も全島エイサーを振り返って:

« 沖縄の絆(1) | トップページ | オキナワンボーイ »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ