« 知る人ぞ知る、あの“芸能の神様”に | トップページ | 名護さくらまつり名物『二見情話大会』。今年のチャンピオンは! »

2005.01.28

大島保克Liveレポ速報

今日は、大島保克2daysLiveの初日。ライブハウスのムジカ(那覇)へ。
久しぶりに撮影も無しで、完全に聴きに入る。
カメラだけでない。いつものカバンと違うものだから、なんと、名刺から財布まで忘れてしまっているではないか!
駐車場のおじさんには“また、こんどでいいよ”だなんて。
あぁ、完全に丸腰だ。

islandtime唄は、いきなり子守唄からはじまった。『あがろうざ』。
2曲目は、歌詞がなんと35番まであるという『大田節(うふだぶし)』。さすがに3番くらいで終わらせることに。
そして、西表島で廃村となってしまい、今では唄しか残っていないという『下原節(そんばれー)』。
たしか今年の弾き初めの稽古日に弾いた曲だったか、歌詞の中には古い言葉が残っているという。
songofmyこのまま、マニアックにいくのかと思ったら、国会議員のあのかたの選挙の時のエピソード話を交えながら、与那国島の東崎を歌ったあの曲を唄う。
さらに歌は島を越えて、黒島の『山崎節』。
そのあとは竹富島の歌を3連発、『仲筋ぬヌベーマ』『まざかい』『しょんかに』。
第1部最後の曲は、なんと、宮古民謡で『トーガニアヤグ』。
agarinuこの前半だけで、ずいぶんとご馳走様な内容だったが、第2部からは、ゲストに内里美香ちゃん登場。
彼女が昨年後半にリリースしたアルバム『風のションカネー』の中で、大島保克さんのオリジナル曲『川』を歌っているという繋がり。
この『川』、2月7日からCM曲として流れるのだそうで要チェック!(沖縄森永乳業)
この曲のほかにも、第二部の半分は、美香ちゃんとの共演で、沖縄本島の歌までを網羅する大島保克さん。
なんと、レパートリーの広いことか!
もちろん、歌声も素晴らしく、アンコールの『とぅばらーま』など、しっかり聴かせて頂いた。
あぁ、やっぱりライブはいい! ライブが一番! そう確信したところで、春頃ニューアルバムをリリースとの情報が。
はい、アルバムも買わせて頂きます。

中部のみなさん>明日のコザモッズも要注目ですよ!

« 知る人ぞ知る、あの“芸能の神様”に | トップページ | 名護さくらまつり名物『二見情話大会』。今年のチャンピオンは! »

ザ・島唄」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大島保克Liveレポ速報:

« 知る人ぞ知る、あの“芸能の神様”に | トップページ | 名護さくらまつり名物『二見情話大会』。今年のチャンピオンは! »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ