« 久米紅(くめくれない) | トップページ | 南海日日新聞『月刊奄美』デビュー! »

2005.01.21

久米島の歌碑巡り

kume_kahi2
どこの島に行っても、その土地で伝承されている琉歌があるもので、場所によっては歌碑が建立されていたりと、そのゆかりの地を訪ねてみるのもまた面白いものです。
その土地の花々や自然を楽しんでみたり、時にはガイドブックに頼らず、そのような別の楽しみ方があってもいいのではないでしょうか?

久米島には、たとえばこのような琉歌が刻まれた歌碑がありました。

「久米ぬ五葉ぬ松 下枝ぬ 枕
   思童 無蔵や 我腕 枕」

久米島の「五葉の松」は、枝が四方に拡がって、
 ちょうど下枝を枕にしているような美しさ。
 私のいとしい人は、私の腕で腕枕

久米島の樹齢250余年の琉球松「五葉の松」と、男女の恋の物語を掛け合わせた歌、『久米ハンタ前節』(くめ はんため ぶし)です。
歌碑は、おばけ坂の手前にありました。

そうやって、島々の琉歌を巡りながらコンテンツにしたのが、RIKの『歌碑巡り』シリーズ
次号では、久米島はもちろん、伊江島、伊是名島など、周辺離島の琉歌をご紹介予定です。
kahi_top

« 久米紅(くめくれない) | トップページ | 南海日日新聞『月刊奄美』デビュー! »

ザ・島唄」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久米島の歌碑巡り:

« 久米紅(くめくれない) | トップページ | 南海日日新聞『月刊奄美』デビュー! »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ