« [沖縄の節分] 童歌とJAZZと沖縄民謡と | トップページ | オーシッタイの白梅 »

2005.02.04

連続カチャーシー2005

050204b
カチャーシーアルバムの決定盤といったら、約30年前に発売された金城実さんの『連続カチャーシー』。
連続20分間のカチャーシー演奏を一発録りした名盤は、今でも、沖縄の祝事(すーじ)の際に愛用されている。
その臨場感溢れるリアルな録音は、本人がそこで演奏しているのではないかと錯覚させるほど。
実際に、こんなエピソードも。
「ある結婚式に出席した際、連カチャのテープが流れていたのに、“てっきり実さんがバックで演奏していると思っていたさ!”と間違われたほど」とは、金城実さん。

その、本家本元・連続カチャーシーの金城実さんと、昨年、全曲カチャーシー曲ばかりを収録した『カチャーシー・ア・ゴーゴー』を発表して間もないよなは徹さん(さらには『北風』でも話題沸騰中)と、この2人で、なんと『連続カチャーシー 2005』をリリースするとの事(沖縄先行リリースは2/25)。
これは、さっそくお話を伺わなくては♪

今日の取材現場はコザのでいごホテル。お話は2時間近くに及んだ。
ヤンバルでエイサーの地謡をやっていた頃の青年期の金城実さんのお話から、連続カチャーシーのあとに収録された金城実さんの名曲『南洋帰り』、『姑ガナシ』についての昔のエピソードからえらい面白い。
もちろん、今回のエピソードも。例えば、徹さんのちょっとしたイタズラが面白かった。“よくぞ、それを聞いてくださった!!”とは徹さん。
は〜い、気が付いていますよ〜。

藝能新聞『ばん』と、続きはRIKにて、2回に分けて掲載予定です。

« [沖縄の節分] 童歌とJAZZと沖縄民謡と | トップページ | オーシッタイの白梅 »

ザ・島唄」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連続カチャーシー2005:

« [沖縄の節分] 童歌とJAZZと沖縄民謡と | トップページ | オーシッタイの白梅 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ