« つつじの美らさ | トップページ | イルカのフジ、人工尾びれでもう一度宙へ »

2005.03.11

勢理客の土帝君

050310izena0
勢理客(じっちゃく)という地名は浦添にもありますが、今日は伊是名島の勢理客のお話。
その地区は、版画家・名嘉ボクネンさんの故郷としても知られていますね。そこの伝統行事をひとつご紹介しましょう。
本日(旧暦2月2日)、村指定重要有形民俗文化財の『土帝君“とーてぃくまちり”』という例祭が行われました。
050310izena1
お供えに、ブタの頭。
この祭事は男性が中心になっておこなわれていました。なんでも女性は立ち入ることができないのだとか。
男たちが食べているものはというと、島で獲れた野生の山羊。鮮度のいい山羊の刺身がふるまわれました。刺身だとそれほど匂いが気にならずに食べることができました。
050310izena3
ところで、ブタの下の部分はどこにいったのでしょう? あたりを見渡すと、まだ生きているニワトリも供えられていました。
この例祭、畑の神様に豊作を祈願するのだそうです。

« つつじの美らさ | トップページ | イルカのフジ、人工尾びれでもう一度宙へ »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

ぶ、ぶたさんの表情が・・・なんともいえないです。
豊作祈願・・・沖縄はこれから田植えかしら。

以前、伊是名の島米をいただいて食べたのですが、とってもおいしいお米でした。

伊是名島に行ってきたのですが、
天候も悪いし、何度か島に通っていて、今回は撮影が目的でないし、
って、カメラを持参せず行って来たんですが、
まだまだ、伊是名の魅力たくさんありました。

とっさに手元にあったケータイカメラで撮ってきました。
ケータイもカメラ並みに使い、2日間で、149枚。

真生さんの“使い捨てカメラで沖国大”撮影を思い出しました。

このトゥーティークマチリは初めて聞きますね。
祭りは何を祭って要るのかも知りたいですね。
前の東村のつつじもとてもきれいですね。
コメント内でついでですみませんが、この前の借り物ですが、金城君も見てびっくりしていました、詳しい話はのちほど。
お手数ですがKUWAさんのお時間のある時にお願いいたします。

赤嶺さん>
今日は、土帝君についての興味深いお話を聞かせて頂き、感謝です。
ブタの頭の意味など、なるほど納得しました!

W田さん>
また、W田さんからも土帝君についてのメール頂きました。ありがとうございます。
地域によってはエイサーとのつながりもあるとのことで、そのお話も面白かったです。もしよろしければ、ここにも遠慮なく書き込まれてください。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勢理客の土帝君:

« つつじの美らさ | トップページ | イルカのフジ、人工尾びれでもう一度宙へ »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ