« コザ独立国ならではの国民葬 | トップページ | 朝崎郁恵さんの新譜リリース直前/7月の沖縄公演決定! »

2005.05.15

ジュゴンの日に

cibana5
嘉手苅林昌さんが、あの丘の上から、
嘉手納の金網の向こうに“あった”実家のほうを遠く見つめ、
涙を流すというシーンが古いVTRに残っていた。
そのワンシーンがずっと忘れられない。

沖縄が本土復帰を果たしたとされる5.15、
果たされていない場所がある。

小さな島の中に/大きな外国があり、その重みで沈没しそうだ。

BGM:
知花竜海 DUTY FREE SHOPP.×カクマクシャカ『South 天加那志』

banner_03
(↑沖縄の人気ブログを見る)

« コザ独立国ならではの国民葬 | トップページ | 朝崎郁恵さんの新譜リリース直前/7月の沖縄公演決定! »

現実を見る観光」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジュゴンの日に:

» 人魚が法廷に立つ日 [恵比寿法律新聞]
ジュゴン、原告OK 沖縄の米基地訴訟で連邦地裁が認定(朝日新聞) 行政事件訴訟法 [続きを読む]

« コザ独立国ならではの国民葬 | トップページ | 朝崎郁恵さんの新譜リリース直前/7月の沖縄公演決定! »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ