« 続報・ヤンバルクイナのヒナ | トップページ | 沖縄IT高度人材育成セミナーへ »

2005.06.03

『KOZA'75』という響き

koza75
沖縄藝能新聞『ばん』の最新号が届いた。そして、“迷盤復刻『KOZA'75』が帰ってきた”という広告の見出しに注目する。キャッチコピーよりもアルバムタイトルそのもののインパクトにやられた。この時代のコザのフォークをまったく知らない世代なのに、タイトルとジャケット写真に惹かれる。ジャケ買いに近い衝動で、この『KOZA'75』については、タイトル買いとなりそうだ。なんだろう、この響きは。

1.河原乞食の唄/知念良吉
2.おやすみ/ゆきちゃんとそのグループ
3.彼方へ/ニカタマンタ
4.十九の春/黒川修司
5.きじむなあ/つばきでんせつ
6.冬の部屋には/ニカタマンタ
7.三つの写真/恩河源司
8.闇お婆ー/仲本ツトム
9.冬は冷たい風が吹いていた/知念良吉
10.夕闇バンドのロックンロール/黒川修司
11.人生歌あり/平安隆
12.Spanish Flangdang/山田義明・仲本勉
13.がらまんどう子守唄/仲本ツトム
14.ココから/ミツコ・ソーケン
15.演歌コザ高校/サムライ・フジキ
16.The Rose in the Heather/仲本ツトム

ちょうどフォークといえば、その広告の隣には、高田渡さんについてのコラムもあった。
ほかにも、Kennyさんの“ピアノ/合唱で蘇る宮良長包”、与那原 恵さんの“白保の夜”、ベテラン勢も大湾清之さんの記事など面白い。そして、小浜司さんの辛口コラムは今月も容赦無い。いろんな意見はあるかもしれないが、沖縄側から批評できるメディアあるというのはある意味、健全なこと。これからも、地元沖縄から頑張り続けてほしい媒体だ。

banner_03
(↑沖縄の人気ブログ ランキングへ)

« 続報・ヤンバルクイナのヒナ | トップページ | 沖縄IT高度人材育成セミナーへ »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『KOZA'75』という響き:

» Musical Baton [雨のち晴れ]
差し支えなければ、おすすめの音、教えて下さい(_ _) [続きを読む]

« 続報・ヤンバルクイナのヒナ | トップページ | 沖縄IT高度人材育成セミナーへ »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ