« 屋慶名で、転覆ハーリー?! | トップページ | いつまで続く、やんばるの悲劇 »

2005.06.18

指笛王国おきなわ

指笛王国おきなわ
沖縄には、遊び心のある大人たちが、面白いことを次から次にカタチにしてゆく。例えば、コザ独立国、日本三板協会など。
そんな沖縄に、また新しく『指笛王国おきなわ』が立ち上がろうとしている。

『指笛王国おきなわ』の建国は7月10日。
指笛のカタチが“7”。両手の指の数で“10”。また、偶然にも日曜日に重なり、西原中央公民館15時から開催予定となった。
やっぱり指笛といえば“沖縄”。余興などでカチャーシー、エイサーの囃子など、様々な機会で耳にする。
とはいいつつ、実際に指笛が吹ける人がどれくらいいるのだろうか?

“沖縄だから、皆が泳げて、皆が三線が弾けて、皆が指笛吹ける”という訳ではない。
実際に少なくなったと危惧するのは、千原エイサーの中心的メンバーの花城さん(嘉手納町)。彼もこの設立メンバーの一人。
今まで指笛が吹けなかった地元の人も、この指笛王国に参加すれば、誰もが吹けるようになって帰れるよう、その機会を広めてゆきたいとのこと。

そして、指笛といえば囃子という“脇役”的なイメージだったが、実は意外な使い方もたくさんあれば、また、指笛=沖縄、と思いこんでいたら、すでに全国レベルな活動が拡がっていた。
その第一人者のひとりも、『指笛王国おきなわ』の建国を聞きつけ、建国記念イベントにゲストとして参加することになった。しかも自費で遙々沖縄までご参加されるという。

イベントでは、指笛講習会や音量コンテストのほか、
エイサー、クイチャーなどが予定されているが、そのエイサーとは、先の“千原エイサー保存会”の演舞であるし、クイチャーもまた、国吉源次さんのところのグループだということ。
それだけでも、一見の価値あり。

何より、無料なんですから。
そしてこの機会に、自分へのおみやげとして、
指笛を吹けるようになって持ち帰れたら素晴らしいですよね。

※問い合わせは、
『指笛王国おきなわ』広報大臣室ブログ まで
(マスコミ各社取材申込、一般参加者、大歓迎◎)

banner_03
(↑沖縄の人気ブログをチェック!)

« 屋慶名で、転覆ハーリー?! | トップページ | いつまで続く、やんばるの悲劇 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指笛王国おきなわ:

» とぅばらーま と どなんスンカニ と 指笛と [SpiceHerbな出来事]
昨夜は久々にお客さんで賑わった楽しい夜でした 中でも大阪三線クラブの面々と群馬のIさんのグループ にパイカジさんが偶然加わってまたまた濃い夜が。。。 三線クラブのマヤちゃんは明日行われるとぅばらーま大会 の関西予選会に出場エントリー! 予行演習としてト... [続きを読む]

» 指笛王国おきなわ建国 [雨のち晴れ]
うちなーぐちで「しーしーぐわぁ」というんでしたっけ??<指笛 [続きを読む]

« 屋慶名で、転覆ハーリー?! | トップページ | いつまで続く、やんばるの悲劇 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ