« 沖縄IT高度人材育成セミナーへ | トップページ | うちなーぐちの早口言葉、プレゼント »

2005.06.05

ヤンバルクイナのヒナの家を作る

y01
今日は、ヤンバルクイナのヒナの家を作ろうとの呼びかけに、学生や子供達や専門の技術を持ったものなど、50名もの人々が、国頭村安田区のヤンバルクイナ救護センターに集まった。
中には、前の晩から、公民館に泊まり込みの人たちも。獣医師・長嶺隆先生もその一人だった。
作業着姿で泥と汗まみれで率先して働く先生の姿に心打たれた。
y02
国頭村安田区のヤンバルクイナ救護センターも、元々は地元の幼稚園だったところ。さらには裏の畑まで、ヒナの家を作るために、地元の方がご厚意で提供してくださったという。
y03
作業もまだまだ途中のところで、ほかの取材の為、どうしても早めに那覇に戻る必要があった。高速道路を使っても那覇から約3時間くらいかかる。後ろ髪をひかれる思いで、ヤンバルクイナの家の建設現場を後にした。

完成した住まいの中で気持ちよさそうに過ごしているヤンバルクイナのヒナに、また会いに行きたいと思う。
県道2号線を、ゆっくりと気をつけながら。
y04

banner_03
(↑沖縄の人気ブログを見る)

« 沖縄IT高度人材育成セミナーへ | トップページ | うちなーぐちの早口言葉、プレゼント »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです、あひるです。
このクイナのヒナですが「シロハラクイナ」だったそうです。
ヤンバルクイナだけでなく、他のクイナも外敵の危険にさらされているやんばるの現状、どうにかしたいものですね。
5日は私も行く予定だったのですが、どうしてもいけなくなってしまいました。(悔)
kuwaさんの視点で、これからも“沖縄”を伝えていってください。

あひるさん>
どうもおひさしぶりです!
お元気ですか?

シロハラクイナ、ですか。
お知らせありがとう!

先日、長嶺先生とは、
またRIKで『ヤンバルクイナたちは今』の連載を復活させよう!
と、確認し合ったところです。

でも、共通の意見としては、
“やっぱり担当は、あひるさんしかいないよね!”
っていう話になりました。
もしよろしければ、ライターさんとして、
また、クイナの話題をとりあげてみませんか?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤンバルクイナのヒナの家を作る:

« 沖縄IT高度人材育成セミナーへ | トップページ | うちなーぐちの早口言葉、プレゼント »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ