« 指笛王国おきなわ | トップページ | 禁じられた鎮魂歌 »

2005.06.20

いつまで続く、やんばるの悲劇

ブログで速報としてお知らせしようとしている矢先に、ショックな出来事がここ何日か積み重なってしまった。
ヤンバルクイナの交通事故の度に、その悲しい知らせが「NPOヤンバルクイナたちを守る獣医師の会」から届く。ブログでも速報として伝えようと、そうしている間もなく、次々と悪いニュースが届いてしまう。それが4日連続に及んだ……。
RIKの連載『ヤンバルクイナたちは今』の続編を構想を練っている真っ最中だった。
僕らは“媒体”。落胆している暇はない。たしかに受け取った伝達するべき事がらは、しっかりと伝え続けなければ。
長嶺獣医師からのメールにも、「我々は座して事故で救護されるクイナと死体を待っているわけにはいきません。もはや、沖縄県知事による緊急事態宣言が必要ではないかと思います」という緊急メッセージが書かれていた。

このままでは、数年もかからずに絶滅してしまうという。
まだその命あるうちに、我々にもできることがあるはずだ。

banner_03
(↑沖縄の人気ブログを見る)

« 指笛王国おきなわ | トップページ | 禁じられた鎮魂歌 »

現実を見る観光」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!ナオミと申します。
ヤンバルクイナの輪禍が続き私も衝撃を受けています。
RIKの「ヤンバルクイナはいま」を読んで、もう目をつぶってはいられなくなってしまいました。
KUWAさんのブログをトラックバックさせて頂きますね。
私は今、与那国島に主人の転勤で来ていますが、もともとは那覇の出身です。うちの母は国頭の辺戸出身ということもあり、小さい頃からヤンバルの自然に愛着を感じて育ちました。
道も綺麗になって北部に行く時間も短縮されているその一方で、このような輪禍が相次いでいることはとても悲しく、そして虚しく感じます。
何の為の道路か〜!?って思ったりもします。
野ネコの事やマングースの事は自分たちでは出来る事は限られてくるけれど、スピードを落としたり、注意深く走ったり、怪我をさせたらすぐ病院へ運ぶとかは、今すぐにでも出来る事。
「野生動物は明かりに飛び出してくる習性もの!」という事実を知らせる事も必要なのかもしれませんね。
とにもかくにも、出来る事からどんどんやって行かないと、ヤンバルクイナの減少には歯止めがきかないところまできているのかもしれませんね...長嶺さんのお話を読んでいて、そう感じました。

ナオミ・キャンベル(缶)さん>
ようこそいらっしゃいました。

長嶺獣医師に最初に取材した1年前に比べて、
マングースの北上ラインも上がってきている事を先日知り、
その事実にビックリしました。

野に放たれた野良猫たちも、小動物を狙うハンターと化しているようです。
国頭村の安田では、飼い猫を登録制にしたりと、地域のひとたちといろいろな努力をしているようですが、
連日続いた交通事故には、悲しくなりました。

現在、やんばるの観光マップからは、細い山道などが省略される方向で動いているようです。
不要に農道など細い山道には入らず、
速度を十分に落として、ドライブを楽しんで頂くしかないのでしょう。

さらにもっとできること、きっとあるはずだと思っています。

コメント2回送信しちゃってたんですね!
ご免なさい!
それから、トラバありがとうございました。
トラックバックの仕方が分からなくて(汗)
人のブログのトラックバックって出来ないんですね。勉強になりました!
出来る事から頑張ります!

ナオミ・キャンベル(缶)さん>
こちらこそ!

トラックバックはぜひどうぞ!

この記事のトラックバックURLは、
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4632648
です。
ぜひまた、トラックバックにトライされてくださいね。

ナオミ・キャンベル(缶)さん>
こちらこそ!

トラックバックはぜひどうぞ!

この記事のトラックバックURLは、
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4632648
です。
ぜひまた、トラックバックにトライされてくださいね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつまで続く、やんばるの悲劇:

« 指笛王国おきなわ | トップページ | 禁じられた鎮魂歌 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ