« [戦後60] 都はるみと古謝美佐子 | トップページ | ウンケー綱 »

2005.08.16

地元メディアもあえて載せない時

なぜ、地元メディアがとりあげないのか。あえて載せない時だってあるんです。
日曜日に、ある本土の作家の講演会があり、それを地元メディアがとりあげたのは、どちらかといえば、地元作家の目取真俊氏らが同日開いたシンポジウムのほうを、大きく扱っていましたよね。

■琉球新報の記事(2005年8月15日朝刊・29面)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-5430-storytopic-1.html

この記事からも少し事情がみえてくるかと思います。
例えば“沖縄戦で集団自決はなかった(軍令)”と主張されるような強烈なかた(本土のある作家)ですから、載せることによって宣伝になってしまうこともありますからね。
(タイムスは、15日朝刊22面に掲載されていました)

自分もどちらかと問われれば、新聞社側と同じく、個人的には賛同できないですね。

でも中には、漫画世代に限らず、賛同されるかたもいらっしゃいます。
(漫画も、手段によっては強力に感化させやすいメディアにもなる)
身近なところにもお付き合いのあった会社の中に、後援されるところもあり衝撃でした。
(そちらの媒体を、しばらくお休みさせて頂くことにしました)
また近いうちにその会社のかたと直接お会いして、意見を交換してゆきたいと思っています。

banner_03
(↑沖縄の人気ブログを見る)

« [戦後60] 都はるみと古謝美佐子 | トップページ | ウンケー綱 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

あり? うちはタイムス取ってますが、15日の22面に小林よしのり講演会の記事載ってましたよ? Webにも掲載されてます。
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200508151300_07.html
記事サイズは、どっちの講演会も同じくらい。順列は、目取真さんの講演会のほうが先でしたけどね。

IZUMIさん>
さっそく、追加情報として、
訂正後、追記しておきますね。
ありがとうございました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地元メディアもあえて載せない時:

« [戦後60] 都はるみと古謝美佐子 | トップページ | ウンケー綱 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ