« RIKからの贈り物 | トップページ | ゆるいくらいな自然体の魅力・宮良牧子 »

2005.08.09

豊見城の夜景@国場より


この夜、ある建築事務所からの依頼で、リフォームされた住宅の撮影を担当することになった。
建築関係の撮影の仕事もしてみたいと思っていたところ、たまたまご縁があり、また、前回のプレゼンテーションもOKだったようで、この度、撮影をさせて頂く機会を得た。
前回は花屋さん。今回は一般住宅。腕利きの建築家さんたちが仕上げた素敵な作品(建築物)を、写真に納めてゆく。
ひととおり仕事が終わったあと、シャンパンを頂きながら、テラスから眺めた夜景は美しく、
その窓からのその眺めは、室内に飾られていた著名な絵画もかなわないほどの煌めきがあった。

banner_03
(↑沖縄の人気ブログを見る)

« RIKからの贈り物 | トップページ | ゆるいくらいな自然体の魅力・宮良牧子 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

灯りの下に人の暮しあり
ささやかな喜びも悲しみも

うーん、酔ったかな?

おはようございます。
早速ですが、紹介させて下さい。
こちんだatelierも参加する、今週末のイベント『カイナアートフェスタ』のお知らせです。
今回私達は、太一くん・えーり・キシャバ・治谷の4人で参加します。
こちんだatelierのテーマは『お面』です。因に前回のテーマは『歯』でした。

場所は、沖縄市民会館です。
日時は13日が12時から夜の9時半まで
14日は10時から夕方6時半までです。
詳しくはこちら↓
http://www.kaina-okinawa.com/c/vol4.html

お時間ありましたらどうぞお立ち寄りください。

コロリさん>
写真に惹かれるのは、とっても“リアルだから”。
窓から眺めた夜の風景からは、人の営みが小さな明かりとして映っていました。


エリコさん>
カイナアートフェスタには、何人かの友人たちも参加予定です。
13日、14日と楽しみですね!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊見城の夜景@国場より:

« RIKからの贈り物 | トップページ | ゆるいくらいな自然体の魅力・宮良牧子 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ