« 女ジュネー | トップページ | 沖縄わらべうた取材こぼれ話[2] »

2005.09.21

わらべうた取材こぼれ話[1]


美香・奈月・綾乃・徹。この売れっ子4人が揃うまでインタビューを待った甲斐があった。なぜなら、後輩と一緒に取材を受けた美香さんは、面倒見の良いお姉さん力というか母性が増し、若い子たちの分までカバーするかのように普段よりも多くを語ってくれたからだ。

アルバムの中でも、時にはお姉さん、時には母にも変化する内里美香さんが、このアルバムの歌のキーパーソン。仲村奈月ちゃんとは、母と子のうたの掛け合いのようで、またソロで歌う『童神』ではまるで母そのもの。

でも、このアルバムの本当の主人公は、何よりも“歌”だった。
歌のコブシも控えめに、あのよなは徹さんの三線プレイも驚くほど装飾が控えめで、逆に一音一音がくくっきりとしている。

※続きは、ウチナーわらべうた@RIKインタビュー記事へ→

沖縄の人気ブログ……

« 女ジュネー | トップページ | 沖縄わらべうた取材こぼれ話[2] »

今日のRIK」カテゴリの記事

コメント

来週末の、内里美香さんのBakusanでのLIVE聴きに行く予定です♪彼女の声大好き!母性的な優しげな唄声。。彼女の持ち味ですよね。

みのりん>
美香さんの歌声、いいですよね〜!

bakusanには、南大東ラム酒もあると思うので、
おいしいお酒と、素敵な歌声に酔ってくださいネ。

(また、レポートもよろしく〜)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わらべうた取材こぼれ話[1]:

« 女ジュネー | トップページ | 沖縄わらべうた取材こぼれ話[2] »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ