« 久高島のイラブー漁の現場から | トップページ | 唐人ジュネーの十五夜 »

2005.09.17

イシキ浜で出会う

050917a
050917b
太陽のいずるところの神の島・久高。
ニラーハラーからの神々が島に上陸したといわれるイシキ浜。朝早くそのイシキ浜へと向かうと、
そこに久高島の神女でも、最も位の高い3人のうちのひとり、N.Mさんがいたのには驚いた。

毎朝、イシキ浜の拝所のまわりを掃除するのもお務めなのだという。
挨拶を交わし、いくつかのお話と、さらには島でのお参りのしかたから教わることができた。

そして、これから島の最北端のカベール岬(はびゃーん)へ向かうことを伝えると、
“あそこは自然を祈る場所だから、そこであなたも祈りなさい”という。

“最近、私たちは自然の猛威に翻弄されています。多少の自然現象は仕方なく、また必要なものであったりもするのですが、大きな災いが訪れないよう、あなたもぜひお祈りください”と告げられた。
沖縄の人気ブログ……

« 久高島のイラブー漁の現場から | トップページ | 唐人ジュネーの十五夜 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

KUWAさん。

こんにちわ。
テンパって、連絡できず申し訳ありません。
久高島は今年も縁が続いています。
DNAで何かお互い感じ取っているのかねー???

改めて連絡します。

ハッスル部長>
連絡おまちしていますよ。

今年の『東御廻い ジョイアスロン』大会も楽しみです。
ウォーキング+サイクリング+水中ウォークに、
今年は、久高島もコースに入ったことが、何よりも特徴ですね。


“DNA”か何か、その何かがわからないところを、
お互い探し続けているのかもしれませんね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イシキ浜で出会う:

« 久高島のイラブー漁の現場から | トップページ | 唐人ジュネーの十五夜 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ