« イシキ浜で出会う | トップページ | 女ジュネー »

2005.09.19

唐人ジュネーの十五夜



旧8.15といえば糸満大綱引をはじめ、各地で十五夜行事が行われ毎年どこへゆくか悩むもの。

我らRIK編集部は、東風平町のある字に集結した。途中、写真家のT.Kさんとも情報交換し、彼は各地をハシゴし続けた模様。

一方、我らは“今年はこれだ!”と1点集中したのが「唐人ジュネー」だった。
東風平だけでも、各字ごとに特徴のある十五夜行事が行われるが、全島各地の中でも東風平のこの字にしか無いという民俗芸能が「唐人ジュネー」。

また、もうひとつ「大和人ジュネー」が対になっている。
かつて琉球が中国や薩摩支配の関わりを芸能文化に色濃く残したのがこの民俗芸能で、数百年にわたって伝承され続けている。

来月にRIK記事として掲載予定!
沖縄の人気ブログ……

« イシキ浜で出会う | トップページ | 女ジュネー »

これからのRIK」カテゴリの記事

コメント

先頭のドラの人,叫び声が聞こえてきそう。
このとき自分はKUWAさんが昨年か一昨年
に取材された(確かそうですよね?)糸満大綱引きを観光していました。綱を引いたり休んだりして面白かったです。RIKの読者として唐人ジュネーのコラム楽しみにしています。

よく続いて残っていますね。
三重県の雑誌「伊勢人」を読んでいたら、「分部町唐人踊保存会」というのが出てました。津市なんですね。
道じゅねーはしないようです。朝鮮通信使を真似たんだとか。370年前からだそうです。

パレードもやってました。URLにアクセスして欲しいなあ。詳しくでてます。各地にあるみたいです。

島根県のほうにも大陸使節の行列が残っているそうです。逆に,鹿児島県には市来町に琉球人行列というのが残っていて8月の地元の七夕祭りで行列します。やはり「漢林」「中山王」の旗を先頭にラッパみたいな楽器を鳴らしながら練り歩きます。

でも,東風平の唐人ジュネーのコラムやっぱり待ち遠しいです。写真は中国っぽい衣装だけど,音楽とか雰囲気は首里城祭や首里文化祭に出てくる王朝行列と似ているのかな?(興味津々)

K.Iさん>
コロリさん>

それぞれの地域に鮮やかな唐人踊りが残っているんですね。

一方、こちらあの唐人とは交易のあった“中国”を示します。
また、中国だけでなく、薩摩藩をあらわす行列があるのが、ほかの地域にはない特徴です。

大和と中国のはざまに揺れた琉球行列、ここにあり。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 唐人ジュネーの十五夜:

« イシキ浜で出会う | トップページ | 女ジュネー »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ