« 天国と地獄 | トップページ | 8年に一度の民俗芸能発表会・伊江島川平区 »

2005.10.28

新名所・伊江島編



伊江島の新名所がひとつ増えていました。
すでに、沖縄タイムスや新報の報道でも知られる新しい名所は、湧出展望台から望めます。

湧出展望台からの眺めといえば、左手の湾岸線の見事さなどで有名なところですが、
新名所は右手にありました。

とはいっても、そこはずっと昔からありました。
岩肌が、観音様のようということです。
誰かが彫刻したわけでなく、大自然が削りだしたものでした。
目を凝らして探してみたのですが…。
見えますでしょうか?
(写真中央やや右寄り)

ヒントとなる貼り紙がありました(下の写真参照)。
より、クッキリと浮き立って見えるのは、
午後の3時〜6時の間だそうですよ。
沖縄の人気ブログ……

« 天国と地獄 | トップページ | 8年に一度の民俗芸能発表会・伊江島川平区 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新名所・伊江島編:

« 天国と地獄 | トップページ | 8年に一度の民俗芸能発表会・伊江島川平区 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ