« こんな心理テストもあるようで | トップページ | チャンプROOTSと身体が2つあれば »

2005.10.22

里獅子を探せ!



東風平や大里村など、集落の角にどっしりと鎮座し、村々を護り続けるシーサー・石獅子。

作家・山田義力さんがその村落獅子をモチーフに、郷愁を込め野焼きして制作した陶芸作品が“里獅子”。また、高江洲広志さんによる“沖縄のモノ”“沖縄の焼き物”“沖縄のモンスター”をもじった一連の作品“オキモン”が、東南植物楽園に隣接するもうひとつの植物園、『おきなわスロー風楽風遊の森』の中で野外展開催中。

この展示会がちょっと変わっているのは、植物園のあちらこちらに里獅子たちが潜んでいて、入場者は地図を頼りに“探検”する。
沖縄の象徴的な“モノ”をモチーフにした創作作品たちを、アトラクション感覚で、探しながら発見することの楽しみを体感してみようというもの。

森の通貨“500スロー”(日本円にして500円相当)で入場でき、
または、東南植物楽園の入場券の半券でも入場が可能!

また、地元沖縄市の市民の皆さんには、東南植物楽園開園35周年を記念して11月30日まで無料開放するという!
さらにもうひとつの朗報は、沖縄市の人と一緒に入場すればその人までも無料とのこと。
沖縄の人気ブログ……

« こんな心理テストもあるようで | トップページ | チャンプROOTSと身体が2つあれば »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里獅子を探せ!:

» これが里獅子(シーサー) [おきなわLite]
このカエルのような風貌の彫り物はシーサーです。古謝の里獅子(沖縄市)沖縄のシーサーは守り神。でも、怖い顔をして悪を追い払うわけではありません。なんと、訪れた悪を捕まえて毒抜きをして、すっかり悪が抜けたところでリリースしてしまいます。そうすれば、他で悪さ...... [続きを読む]

« こんな心理テストもあるようで | トップページ | チャンプROOTSと身体が2つあれば »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ