« 沖縄を歩くこと | トップページ | 神歌の書 »

2005.11.22

4年に一度の祭りで、久高島の神歌


4年に一度の知念村まつりで、久高島の神歌が披露された。

先日のジョイアスロン大会の後夜祭とも重なるかたちで行われており、ゴール後、向こうからウスデークの音がトントーンと聴こえてきた。

“これはきっとそうだ、久高島のウスデークがはじまったんだ”と、舞台に駆け寄ってみると、
そこで、神歌(ティルル)が歌われていた。

神事として神に捧げる歌が、一般のお祭り会場で聴けるというのも、また珍しいのではないかと思い、
先日もお知らせとしてこのブログに書いてみたものの…、
自分自身はその時間帯にゴールのほうに戻って来られるとは思っていなかったので、
それはもう、スポーツあとの疲労感も一気に癒されるような、そんな一幕だった。
沖縄の人気ブログ……

« 沖縄を歩くこと | トップページ | 神歌の書 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4年に一度の祭りで、久高島の神歌:

« 沖縄を歩くこと | トップページ | 神歌の書 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ