« 4年に一度の祭りで、久高島の神歌 | トップページ | 今日のRIKインタビュー »

2005.11.23

神歌の書

沖縄の神歌といえば、久高島のティルルが知られていますが、
なんと、“神歌の本”が出版されており、
県立図書館の返却棚に、“神ぬ歌”と題された分厚い書籍が
かなりの存在感を放って、そこにありました。

蔵書数が50万冊以上もある県立図書館の中から、
まるで、“借りていきなさい”と訴えかけているかのように。
051123a
なにか、とてつもない発見をしたような気分で、手に取り、
さっそく中のページを開いてみると、

“「おもろさうし」や「琉歌」は
  昔から多くの人が作ったものですが、
 『神ぬ歌』は、詠む人の意志とは関係無く
  受動的に綴らされる歌です”
  と、はじめに書かれています。

著者のカミンチュに降りてきた歌、ということなるようです。

第1集は630ページに300首、
第2集には342ページに150首、
計450首もの神歌が綴られています。
051123b
右ページには、手書きの筆文字で、琉歌調に八八八六で神歌が綴られています。

左ページには、【歌意】や【注釈】のほか、
さらには単語に対しての【語釈】も書かれているので、
わかりやすくまとめられています。

県立図書館での書籍管理番号は、
・第1集:K17-H55
・第2集:K17-H55-2
・著者は、比嘉善子 氏
・発行日は平成7年7月7日
沖縄の人気ブログ……

« 4年に一度の祭りで、久高島の神歌 | トップページ | 今日のRIKインタビュー »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神歌の書:

» 奥が深いぞ沖縄芸能 [宮古島・来間島「なんくる」blog:HOME]
沖縄の神歌といえば、久高島のティルルが知られていますが、 なんと、“神歌の本”が出版されており、 県立図書館の返却棚に、“神ぬ歌”と題された分厚い書籍が かなりの存在感を放って、そこにありました。 ... [続きを読む]

« 4年に一度の祭りで、久高島の神歌 | トップページ | 今日のRIKインタビュー »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ