« 新報夕刊ホワイトバンド | トップページ | 恩納村の歴史街道をゆく »

2005.12.15

全国の離島情報誌『島へ。』


雑誌『島へ。』編集長と久しぶりにお会いすることができた。
仕事の打ち合わせの合間に、RIKの読者向けに写真を1枚。

ところでこの雑誌、沖縄に限らず、日本各地の離島を網羅した隔月刊誌で、そのエリアの広さは他では真似できないほど。
今回、“いいなぁ〜”と思ったのは、『渡名喜島』の特集が組まれていたこと。
それも、4ページにも渡って、島旅が紹介されている!

記事になるまでの通いかたもすごいよ。
4カ月の間に、4回も島へ訪れて記事にしたというのは、
雑誌カラカラなどの記者としても知られる林 秀美さん。
ほかの沖縄ガイドブックでは、まずありえないかもしれない。
そこが嬉しい離島情報誌『島へ。』
→http://okinawa.rik.ne.jp/contents/culture/book/086/index.html
RIKでもご紹介しました。

沖縄の人気ブログ……

« 新報夕刊ホワイトバンド | トップページ | 恩納村の歴史街道をゆく »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

チェっ!(>_<")
離島フェアで「良いこと思いついた!」なんて言っても
誰かが先に考え付いてるよね…(泣)
来年、個人的に、水上運動会見に行きます☆

離島フェアでは、犬子さんはいいお仕事をされましたよ。
その時の、島々との出会いが、きっとこれからの何かになるはず。

渡名喜島行き、賛成〜。
今年は行けなかったから、こんど機会を作ってみようと思っています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全国の離島情報誌『島へ。』:

« 新報夕刊ホワイトバンド | トップページ | 恩納村の歴史街道をゆく »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ