« カミゴトウからのメッセージ | トップページ | 琉球リスペクト »

2005.12.28

沖縄の尚家と五島家との関係

琉球からの最後のお姫様と、五島家にご縁があることを知ったのは、ちょうど沖縄に戻ったその翌日の晩のこと。
沖縄を代表する版画家・名嘉ボクネンさんと伊是名島つながりのご一行様が、いつもお世話になっている老舗の窯元で宴会をするということで、僕もお呼ばれした。
そこで、琉大教授の高良倉吉先生とお会いすることに。
なんという不思議な巡り合わせだろうと思ったのは、高良先生からの次のお話を伺った時だった。

「琉球の最後の王・尚泰の四男である尚順の娘さんは、五島列島の五島家に嫁いだんだよ。」
尚順(男爵)といえば、琉球新報の創始者で知られる人物だ。
その尚男爵の娘さんと、五島家の当主との結婚により、
“沖縄と五島に縁が結ばれていた!”

五島から戻ってきて間もなく、またすごいタイミングで、そのような事実を知ることになるなんて!
また、偶然(?!)にも、五島を発つ前の晩に、そのお城(石田城)の写真を撮っていた…。

もうここまでくると、さすがに偶然ではないかも。
今回の沖縄から五島への旅には、たくさんの意味やメッセージが含まれていたように思える。
(五島家はお城(石田城)を寄贈し、現在では歴史資料館や五島高校になっている)
沖縄の人気ブログ……

« カミゴトウからのメッセージ | トップページ | 琉球リスペクト »

五島列島を訪ねて」カテゴリの記事

コメント

五島日記おもしろいです・・・とてもすてきなところですね!

五島もまた、美ら島でした。

素朴で美しい風景が、めいっぱい輝いていました。

“この島々に、核の最終処分場を作ってしまっていいのか?”

と、その輝きの中で、訴えていたように思えます。

人間の都合だけで、とりかえしのつかないものを、

それも、何百年先まで影響が出てくるものを、子孫に残していいのか?

被爆県としても考え直して頂きたいです。

最近のKUWAさんはスピリチュアルモードですね〜。縁に強いというか、何というか…この尚家のお話は初耳です!小学校の社会科の授業で琉球王朝の勉強したけど、ここまで細かくは教わった覚えがありません。うーん不思議だ…

“縁”が“円”に。来年もまた、いい広がりを予感させますね。

“沖縄からのメッセージ”を、どんどんアウトプットしてゆきますよ。

ブログ、写真、映像、雑誌、ネット、様々なスタイルで、
幻想や虚像(マスコミイメージ)ではなく、リアルな姿をお届けしてゆきます。


琉球王朝の尚家と五島家とのご縁があったお話には、
ほんとうにビックリしました。琉大・高良先生との出会いに感謝。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の尚家と五島家との関係:

« カミゴトウからのメッセージ | トップページ | 琉球リスペクト »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ