« 年越しソバBGM 〜 元旦DVD | トップページ | 辺野古に古代琉球、赤椀の世直し »

2006.01.01

元旦から驚くような展開に



元旦から、驚くような展開となった。

初日の出を写真に撮りたかったけれど、沖縄の天気予報では、あいにく曇り。
それなら、沖縄の聖地で新しい朝を迎えてみるのもいいかもと、
予定を変更し玉城方面へ。
琉球開びゃくのアマミキヨが降り立ったといわれる伝説の浜から、
東を眺めてみるとちょうど久高島が望めた。
朝空は、予報通りに雲に覆われ、
初日の出は見えなかったけれど、なんだかすがすがしい。

その帰りに、せっかくなので、
世界遺産でもある斎場御嶽にも立ち寄ることにした。
“世界の紛争が無くなるように、そして1年を健康で過ごせるように”と。

一通り巡り、帰宅しようとすると、脇のほうに細い道が見えた。
普段なら見知らぬ野道は歩かないし、ましてやここは斎場御嶽なので、
滅多なことでも無い限り、コース外に足を踏み入れたくはない。

しかし、どうしてもそこを通りたいのはなぜなのだろうか。
それに何度も観光や取材で訪れているというのに、
その道に気がつくのは、今回がはじめてだった……。

思い切って突き進むと、突き当たりに先客が。それも神女だった。
神女(カミンチュ)が、東の空に向かって祝詞を唱えると、
あのブ厚い雲から太陽が現れたのには驚いた!

その祝詞を注意深く耳を澄ますと聞き覚えがある。
そう、『てぃんさぐぬ花』の歌詞と同じではないか。
あとでお話を伺うと、
「『てぃんさぐぬ花』は教訓歌として知られていますが、実は神歌なんです。
“てぃんさぐぬ花”とは、本来、“天に咲く花”のことなんですよ」
と、あの聴き慣れた歌の1番から5番までを、
神歌として解説し直して頂いた。

また、最近世の中が乱れているのは、
「インターネットやゲームなどの影響もあるんですよ」という。
僕の仕事はそのインターネットの媒体なんですよと少し話をすると、

「インターネットで沖縄情報関連の仕事をしているのなら、
“本来の沖縄の姿”を“責任をもって伝えて”ほしい。
あまりにも都合のよいものばかりが多すぎる。
“大切なもの”が埋もれていますよ」
 と、業界全体をズバリ指摘されてしまった……。

元日にこのような機会に遭遇するのも何か意味があるのでしょう。
気を引き締め、今年も“しっかりと”沖縄の“大切なもの”を
お伝えし続けてゆくことを、決意新たにした。

そして、そのあともメッセージは続いた。(後編に続く)
沖縄の人気ブログ……

« 年越しソバBGM 〜 元旦DVD | トップページ | 辺野古に古代琉球、赤椀の世直し »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます
今年も宜しく御願い致します

日テレに出演していた栄口青年会のエイサーで年越ししました。沖縄との縁は今年も切れそうに無いです。

“しっかりと”沖縄の“大切なもの”を
お伝えし続けてゆくことを、決意新たにした。

楽しみにしています。期待していますよ。

続編を早くアップして下さいね。

あけましておめでとう!
今年も期待していますよ(^_-)-☆

KUWAさん、あけましておめでとうございます。
新年からとてもステキなお話を届けてくださってありがとうございます。
今年もKUWAさんのブログ、楽しみにしています。

和田さん>
間違いなく、今年も沖縄と縁が深いはずですよ。
今年も、よろしくお願いいたしますね。

後編ですが、
かなり長時間にわたってインタビューしましたので、
何百年ぶんもお聞きしたような話しを、
うまくまとめられるか、
わかりやすくアウトプットしてゆきますね。

てだっち〜>

お正月に、沖縄古来の門松を飾り付けたおかげでしょうか。
元旦からもの凄い展開ですよ。

ふみんごさん>

お正月からの縁起の良さを、

このブログに訪れたみなさんに、

“おすそわけ”です ^ ^


今年は、さらにいい方向に展開してゆきそうな予感です。

あけましておめでとうございます。

新春早々良いお話をありがとうございます。
そのうちお聴き成ったと言う神歌としての5番までの解説をご披露してくださいね。

暮れには安里勇さの還暦記念の唄会に石垣へ行ってきました。
彼の苦難の半生を唄で綴る素敵な唄会でした。
勇さんのお誕生日の「安里屋」さんには波照間の後冨底周二さんが飛び入りで登場。
延々何十分(?)の「てんてん節」は超圧巻、店内騒然たる唄遊び状態となりました。

本年も宜しくお願いします。

     (つのい いちろう)

明けました お愛でとうございます
年末にお会いできた方々とは、今年も良い縁があるんだろうと
毎年思います。今年もこちんだatelier&ストナプを、よろしくおねがいしますね。

つのい いちろう さん>
石垣公演、素晴らしかったことでしょう!


今日、神歌としての『てぃんさぐぬ花』の解釈の一部を、
ブログに更新しました。

聞き取ったことを、さらに、
わかりやすく、まとめること。
それが僕の仕事のようです。

太一さん&恵理子さん>

年末に、壺屋のあの場所(マジルさんち)に集まったのは、
おそらく偶然では無いのでしょう。
いつもお世話になっているボクネンさんたち、そして、
今回、高良倉吉教授ともお会いすることができ、
故郷の五島と沖縄とのゆかりの話しを伺った際、
それを強く感じました。

そして、取材がきっかけでしたが、
太一さん&恵理子さんとの出会いも、ご縁があったことだと思います。
今年もよろしくお願いしますね。

あけましておめでとうございます。ほんとは喪中なんですけどね。
両親の法事などに追われてできなかった三線の練習を本格的に始めようと思います。今月から教室に通います。伊良皆高吉先生といいまして前沖縄県議会議長だった方です。
参加している仲間に聞いたら「技術だけでなく人間的にも勉強になった。」と言ってましたから楽しみにしています。
みなさまにとっても充実した年でありますように。

コロリさん>
伊良皆高吉さんといえば、八重山古典の先生でしょうか。
東京まで三線を習いに通われるのですね。
ぜひ、がんばってくださいね!

今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます(^^)!
おそくなりましたが、そんな事があったんですね!?
早速ですが、後半も興味深々で見ております。

今年もよろしくおねがいしますね。
そして都合のいい情報ってのはまったくその通りですね。。
企業内にいると悩む事もしばしばです(><)

明けましてお愛でとうございます☆
KUWAさん、元旦から良い仕事してるねぇ!!
素晴らしい1年になる事でしょう!!
私も良い年にしたいと思います!!
本年も宜しくお願い致します♪

だーしゃさん>
企業にいるからこそ、できること。きっとありますよ^^

なので、“内から”いい方向へと、前向きに頑張ってくださいね。

いつも、だーしゃさんの前向きな姿勢が好きです。そして応援していますよ。

KEN子@すべりだいさん>
その幸運と素敵なお仕事をメールでお贈りしました☆

癒し系音楽ユニット“すべりだい”の音楽は、今の沖縄音楽シーンにも必要な薬かもしれませんよ。
かざらない自然体が僕のお気に入りです。

kuwaしゃん。

あけましておめでとうです。
年賀ありがとうございました。

>「インターネットで沖縄情報関連の仕事をしているのな>ら、
>“本来の沖縄の姿”を“責任をもって伝えて”ほしい。
>あまりにも都合のよいものばかりが多すぎる。
>“大切なもの”が埋もれていますよ」

その通りですね。
アフリエイト収入ありきのブログも増えていますしね。

今年も、平たい心構えできるように
勉強していきます。
これからも、沖縄に寄り添うスタンスで取材してください。期待しとります。

追伸・・・
その場所は知っています。

好奇な気持ちで行くところではない事はたしかです。

ハッスル部長>
元旦から南城市誕生ということで、
南城市のヤハラヅカサからお正月を迎えましたら、
驚きの展開になりました。

その場所は、誰でも行っていい場所ではないみたいですね。
また、斎場御嶽の草やぶのほうは、ハブも多いみたいですから、
コースを外れることは誰にもお勧めできません。

> これからも、沖縄に寄り添うスタンスで取材してください。
>
ハッスル部長たちのおっしゃる、
“琉球リスペクト”
が、しっくりきますね。

いつまでも、その心構えは変わらずに、
“地道に”ゆきますので、また応援よろしくお願いいたします。

また、僕らもお手伝いできることは、頑張らせて頂きますよ。
今年も期待しております。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元旦から驚くような展開に:

« 年越しソバBGM 〜 元旦DVD | トップページ | 辺野古に古代琉球、赤椀の世直し »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ