« Marines Go Homeな事件! | トップページ | 旧正月は座間味で☆ »

2006.01.28

旧正月と鏡餅

060128mochi
旧正月と鏡餅について、新暦1月11日の鏡開きの日に記事を書いてみた。
そのまま追加取材は続いているところ。
(→RIK『旧正月と鏡餅』)
旧正月については、床の間用の鏡餅もヒヌカン用の鏡餅も、2段のものが今では主流のようだ。
3段のものについて、もう少し調べてみたい。

宮古島(西原)のナナムイの関連書によれば、次のような事が書かれていた。
「昔、悪い疫病が流行った頃に、ジャウヌカナスウヤという物知りが、ウチャナク(大・中・小と三段重ねになった餅)を供えて、オジーたちと一緒にニガイ(願い)をすると病が鎮まると言ったことからはじまった」と、
『ウチャナクニガイ=三段餅による拝み(願い)』の事が書かれていたのも興味深い。太古の日本にも繋がる、三段の餅の意味が伝承されている地区がまだ沖縄には残っている。
沖縄の人気ブログ……

« Marines Go Homeな事件! | トップページ | 旧正月は座間味で☆ »

RIK取材ネタ帳」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧正月と鏡餅:

« Marines Go Homeな事件! | トップページ | 旧正月は座間味で☆ »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ