« モノクロームの世界(沖展2) | トップページ | タイトルが決まる(沖展3) »

2006.01.19

壺屋小とお茶会(識名園)


壺屋小の皆さんと同じバスに乗り、識名園へ。
今日は、識名園で『琉球のおもてなし』
と題されたお茶会に同行取材。

今回のお茶道具はすべて壺焼という。
その地元、壺屋小が招かれた。
さて、この日のお茶会は、一般向けには午後からだが、
午前中は、まずは壺屋小6年生の皆さんから。
座敷では唄と三線による『かぎやで風』でおもてなしを受ける。

「本土の床の間には、日本刀が飾られていますが、
 沖縄の床の間には、三線がおもてなしの為に置かれています」
 とのこと。

喜納昌吉さんのいう“武器を楽器へ”が、沖縄の床の間にあった。
沖縄の人気ブログ……

« モノクロームの世界(沖展2) | トップページ | タイトルが決まる(沖展3) »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壺屋小とお茶会(識名園):

« モノクロームの世界(沖展2) | トップページ | タイトルが決まる(沖展3) »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ