« あなたもBEGIN? 映画『恋しくて』に | トップページ | 三度、座間味へ。 »

2006.02.18

旧廿(二十)日正月の辻とカメラ



旧廿(二十)日正月は、真新しいレンズ(Nikon AF-S DX VR ED18-200)をつけて、辻へ。

辻には、宮古・八重山から身売りされてくる女性も多かったという。
亡骸になっても、故郷に帰れず、この地で骨を埋めるジュリもいた。そのお墓の前でも、ジュリ馬で供養も兼ねた奉納芸能を捧げる現代の彼女たち。

今回、さすがにお墓までずかずかと踏み込むことはためらった。
僕らの踏み込める領域はどこまでだろう。取材だからって、入ってはいけない領域だってあるはず。
(→旧廿(二十)日正月お披露目行列@RIK

沖縄の人気ブログ……

« あなたもBEGIN? 映画『恋しくて』に | トップページ | 三度、座間味へ。 »

現実を見る観光」カテゴリの記事

コメント

えらいっ!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧廿(二十)日正月の辻とカメラ:

» 旧暦1月20日(ハチカソーグワチ) [なんくる主婦の年中わーばぐち]
本日、旧暦1月20日。資料によると、ハチカソーグワチ(廿日正月)の日です。『正月の終わりを祖先に報告し、飾り物を片付けます。 芋煮(ンムニー)などを作るところもあります。 かつて那覇の辻町では、遊女らによる華やかなジュリ馬行列が見られました。』手帳 Natura。... [続きを読む]

« あなたもBEGIN? 映画『恋しくて』に | トップページ | 三度、座間味へ。 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ