« 6聖地目・テダ御川 | トップページ | 8聖地目・浜川御嶽 »

2006.04.25

7聖地目・斎場御嶽

斎場御嶽
「この入口(御門口)で十分なんですよ。
ここの香炉から、中にある拝所に通じてゆくんです」

ここ斎場御嶽(セイファーウタキ)は、琉球の創世神・アマミキヨがつくったといわれる国始めの七御嶽のひとつ。
のちの統治者・琉球王府は、神に認知してもらう為の儀式を行った霊地。

かつては、お役目でもない限りは一般はこの御門口まで。
男子禁制の場所でもあった。
斎場御嶽
中には入ることができなくても、入口にある香炉が、中の拝所へと祈りが通ってゆく場所。それは現代になっても変わらないという。
そういう意味がある香炉が、知らずに踏みつけられてしまっていたり、賽銭が投げらつけられてしまったり…。

“聖地はそもそも祈りの場所”なのだということを念頭に、敬意をもってこの御門口から入場してみよう。
沖縄の人気ブログ……

【7聖地目・斎場御嶽・補足解説】
沖縄最高の霊地。王朝時代は、王府最高の神職者・聞得大君の即位儀式が行われた聖地。

[目次] 01園比屋武御嶽|02御殿山|03親川|04場天御嶽
    05佐敷グスク|06テダ御川|07斎場御嶽|08浜川御嶽
    09ヤハラヅカサ|10受水走水|11知念大川|12知念グスク
    13ミントングスク|14玉城グスク

« 6聖地目・テダ御川 | トップページ | 8聖地目・浜川御嶽 »

現実を見る観光」カテゴリの記事

コメント

七聖地目・・・半分ですね。

ひとつひとつを重ねることによって聖性を賦活してゆくという、「巡り」と「鎮め」の貴重な追体験をさせていただいているように思います。

びんさん>
そうですね、今、ちょうど中間地点です。

後半もおつきあいのほど、よろしくお願いします。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7聖地目・斎場御嶽:

« 6聖地目・テダ御川 | トップページ | 8聖地目・浜川御嶽 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ