« 13聖地目・ミントングスク | トップページ | 聖地巡りシリーズを終えて »

2006.05.02

14聖地目・玉城グスク

玉城グスク
玉城グスク
「沖縄は島全体が聖域だと思えばわかりやすいですよね」

確かに、沖縄には数多くの聖地が点在してる。
より身近なところでは、
各家庭に“火の神”を祀っている家も少なくない。

また、山奥や洞窟の中にあるところとか、
潮がひいたら入れるところとか、
あえてそういうところは省かせていただいた。
目的は冒険ではない。

今回は『東御廻い』を、
ひとつの聖地巡礼のモデルケースとしながら、
沖縄の精神文化に少し触れつつ、
あらためてその“心得”も再確認して頂けたらと
そのような主旨でご紹介させて頂くことになった次第です。

そこに原点があるなら、
もういちど、その原点を見つめ直してみよう。
沖縄の人気ブログ……

【14聖地目・玉城グスク・補足解説】
琉球の創世神・アマミキヨが築いたとされる最古のグスク。琉球七御嶽のひとつである。

[目次] 01園比屋武御嶽|02御殿山|03親川|04場天御嶽
    05佐敷グスク|06テダ御川|07斎場御嶽|08浜川御嶽
    09ヤハラヅカサ|10受水走水|11知念大川|12知念グスク
    13ミントングスク|14玉城グスク

« 13聖地目・ミントングスク | トップページ | 聖地巡りシリーズを終えて »

現実を見る観光」カテゴリの記事

コメント

「原点」は、きっとあるのだと思います。
そのことを思い出させていただきました。

ガイドさんの何気ない言葉とコトバをつむぎ、編み、ようやくかたちとなりました。

全14話、お付き合いくださりどうもありがとうございました。皆さまに感謝。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14聖地目・玉城グスク:

» 原点(37.6度の微熱に触れて) [沖縄・八重山探偵団]
KUWAさんのシマウタ37.6度“沖縄からの微熱な話題”で、14回にわたって取り上げられた「聖地巡り」が完結した。今回は、いわゆる「東御廻り(アガリウマーイ)」の形をとって、聖地の大切さを説かれた、心に残る連載記事であった。引用したいフレーズは、山ほどあるのだけれど... [続きを読む]

« 13聖地目・ミントングスク | トップページ | 聖地巡りシリーズを終えて »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ