« 夏至と慰霊の日の狭間 | トップページ | 本家『うたの日』を観にゆく前に »

2006.06.23

慰霊の日に想う。メッセンジャー北島角子

060623
今日、61回目の慰霊の日を迎えた沖縄。

本日のRIKコンテンツから、
慰霊の日に関連する記事がはじまります。

メッセンジャーであり、語り部である、
沖縄芝居役者・北島角子さんが出演された、
宜野湾市主催の関連イベントから、ご紹介してゆきます。
http://okinawa.rik.ne.jp/index.asp
(本日掲載予定です)
※沖縄の人気ブログ……

« 夏至と慰霊の日の狭間 | トップページ | 本家『うたの日』を観にゆく前に »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

今日6月23日で群馬エイサーシンカ舞人も丸4年となりました。設立の会議にはKUWAさんもいましたね。あとから考えて「特別な日」だったと気づきました。
あれから南西諸島が呼んでいるような気がすることがあります。山登りに熱中していたころに北アルプスの雪稜やお花畑が招いていましたが、それとは違うように思えます。
女房は「あなたはすぐ熱中するタイプだから」と言ってますけどね(笑)。

コロリさん>
鎮魂の念仏踊りとはあまりよく知らぬまま、
あの頃は本土で、エイサーを“芸能”としてみていたかもしれません。
その時、6月23日だったんですね。

沖縄にきてみると、その芸能や村祭りの起源も、
祭祀にかかわるものだったり。

人間本来大切にしなければならないものを、
こちらでは、よく気づかされたりしています。
(ありがたいことだと思ってます)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慰霊の日に想う。メッセンジャー北島角子:

« 夏至と慰霊の日の狭間 | トップページ | 本家『うたの日』を観にゆく前に »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ