« ユノーシ(世直しの義)にふれて | トップページ | 太陽に虹のリング。大団円 »

2006.07.28

鳳凰、空に舞う

Aguni4
(↑画像クリックで拡大表示できます)

ちょうど、ヤガンウユミの“とぅんまーい”の最中、
空を見上げると、雲の形がはっきりと“鳳凰”にみえた。

友人は、「あけもどろ」と一言つぶやいた。
おもろさうしに出てくる言葉で、“再生”も意味するといい、
それは粟国のユノーシ、渡名喜のシマノーシにも通じ、また、
久高島の祭祀の中で歌われる神歌の中にも出てくるという。

 あきまもどる
  びぃん(鳳凰)のすいぬ
   舞いの美らさ

久高島のイザイホーで使われる大扇の表側に、
そう、太陽と鳳凰が描かれている。

そして、太陽もまた、驚きの輝きを見せた。(続く)

 僕らが今、ここに立ち会わせてもらえていることに感謝。
 ……沖縄の人気ブログ

« ユノーシ(世直しの義)にふれて | トップページ | 太陽に虹のリング。大団円 »

「沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい写真ですね(^^)
空の不思議さに感動しました!

瓦屋根のコントラストも素晴らしい!
写真っていいものですね〜

チュプカさん>
この頃、雲のかたちが面白いですよ^^
最近も、4羽飛んでいるような形が出たり、
この写真の翌日にも、鳳凰の形が現れ、僕のほかに少なくともあと2人ほど、それを眺めたのを確認しました。

今、写真を整理中ですが、
明日は、太陽が驚きの輝きをみせた写真をお贈りしますね。

また、このブログにて。

いさをさん>
ありがとうございます!

この鳳凰にはワンカット別の写真もあり、そちらをRIKの壁紙として、読者向けに公開プレゼントしようかな、とも思い始めています^^

(※注:壁紙としてプレゼントしても、写真の著作権を放棄するわけではないですが^^)

せっかくですから、みんなにおすそわけ、いかがでしょう。

すばらしい!
 これは「感じる眼」があるからこそ撮れる写真だと思います。

レベッカさん>
お言葉ありがとうございます〜!!

これは何も特別な技術はいらなくて、
みんなも“その気”になれば、きっと遭遇し、
いいシャッターチャンスが訪れますよ^^

(“その気持ちになれるかどうか”が鍵なような気がします)

いい写真・・・。感動しました。
空、日頃から見てないと気づきました。
もっと空を見よう!と思いました。

YOくん>
ありがとう!

僕も“U”の仕事に追われていた頃、
空を見上げる余裕がなかったですね。
(目の前しか見ていなかったかも)

“空も見上げる余裕が無い生活を送っちゃだめだな”と、その時に見直し、
今に至っているような気がしています。

時に、天を仰ぐ。そんな気持ちの余裕を作るように心掛けると“楽”ですよ。

思わず息を呑みました。

吉祥。慶祝。

びんさん>
ありがとうございます。

“鳳凰”の雲の写真は、知人のカメラマンが撮った写真では見たことがあったのですが…、
まさか、肉眼で見ることができる機会が、自分にも訪れるなんて!

そして、その鳳凰の雲の写真は、カフェ『風の里』に飾られていますので、
機会ありましたら、是非、ご覧になられてみてくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10805/11126916

この記事へのトラックバック一覧です: 鳳凰、空に舞う :

« ユノーシ(世直しの義)にふれて | トップページ | 太陽に虹のリング。大団円 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ