« 沖縄にふたたび優勝旗 | トップページ | 孔子ウマチー、そして、蔡温(SION) »

2006.09.27

次号の『うない』で

Unai
琉球新報の小冊子『うない』の原稿を昨晩脱稿。
担当したのは、おでかけうないというショップ紹介のコーナー。

今回の初挑戦は、主婦層向けの雑誌ということ。
そして、自分が担当させて頂くからには、
うない特選こだわりのショップをご紹介し、
短い指定文字数のなかでも、
しっかりとお店のひとたちからのメッセージを汲み取って
伝えてゆけたらと。

それでも、限られた文字数にはおさまりきらないほど、
紹介したいことがたくさんあるお店ばかり。
たとえば、服と小物の店『さちばるまやー』(玉城)はこんな感じ。
「藍染めや草木染めの服からも着て肌触りでもわかるように、
ひとつひとつのその温もりからも、そうまだ“生きている”
んですよね。だから必要な分だけを使って、もう大量生産はやめ
て、飽きたからポイじゃなくて、長く着られるような、着心地の
良いもの、また着たくなる服を作っているんです」

そんなハートを持ったこだわりのお店を、これからも
ひとつでも多くご紹介してゆけたらと思っています。
沖縄の人気ブログ……

« 沖縄にふたたび優勝旗 | トップページ | 孔子ウマチー、そして、蔡温(SION) »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

KUWAさん 楽しみにしています。

肌さわりのいい服着たいですねっ・・
そして、流行もさほどなくいつでも着られる服

「さちばるまやー」はご近所のお店です〜
服やアクセサリー愛用しています。
遊びに幾度に、いいなぁと思う小物や布に出会って楽しく眺めております。
この家の主の梅原龍さんは親子で布絵作家で、来月3日からは梅原麦子さんの布絵展が開催だそうですよ〜。

MAGIさん>
“流行にとらわれず、いつの時代にも着られる服”がここにはありましたよ。

お値段はちょっとしますが、人の手で、手間暇かけて色そ染めたりしているのでそれは仕方がないのですけど、
そのぶん、長く着ることができそうな服とかがありました。
機会あれば、ぜひ覗いてみてくださいネ^^

ちかさん>
布絵展も楽しみですネ。

幾たびに、商品が少しずつ入れ替わっているんですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次号の『うない』で:

« 沖縄にふたたび優勝旗 | トップページ | 孔子ウマチー、そして、蔡温(SION) »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ