« おおたか静流インタビュー | トップページ | たとえ時間がかかっても »

2006.09.02

沖縄イメージはない

僕が撮る写真には、なぜか青い海や空も赤いハイビスカスもない。
いわゆる“沖縄イメージ”を撮ることに、ほとんど関心がない。

ただいつも、関心だけがシャッターを切らせる。
その関心の中に、そのような“沖縄イメージ”はないのか、
意識はしていないのに不思議とそこに焦点を合わせることはない。

 カメラのファインダーを覗く左目だけでなく、右目も開こう、
 カメラの目線では見落とすものが出てくるかもしれないから。

写真を撮りながら、そう思うのは、同時に記事も書かなければ
ならない理由もあるのだけど、物事の背景のもっと向こう側まで
をキャッチしたいという想いが、いつの頃からか湧いてくるよう
になった。それがシンクロした時にシャッターを切る。
そう僕はただ、関心を引き金に、そのシャッターを切るだけ。

それが何かはよくわからないけど、
今日のシンポジウムにそのヒントがあるのかもしれないし、
もっと違うことろにあるのかもとも感じながら。

■シンポジウム
「沖縄イメージと風景・身体・記憶〜海洋博から現在まで〜」
日時:9月2日(土)13:00〜18:00
場所:琉球大学50周年記念館
(琉大西原口〔病院側〕を入って左すぐ)

参加費:無 料
主催:シンポジウム
  「沖縄イメージと風景・身体・記憶」実行委員会
共催:NPO法人 琉・動・体

    プログラム
13:00〜13:15 プロローグ
司会:多田治 (社会学、一橋大学教員)
   花城郁子(アート、NPO法人琉・動・体)

13:15〜14:15 第1部
         「家族と地域社会の変容」トークセッション

    パネリスト:
具志堅邦子(家族社会学、沖縄国際大学講師)
田仲康博 (メディア論、国際基督教大学教員)
大胡太郎 (日本文学、琉球大学教員)

14:15〜14:30 休憩

14:30〜15:30 第2部
      「沖縄をめぐるイメージと表現」トークセッション

    パネリスト:
新城和博(編集者、ボーダーインク)
中村晋子(映画・舞台制作、読谷村)
末永航 (美術史、広島女学院大学教)

« おおたか静流インタビュー | トップページ | たとえ時間がかかっても »

現実を見る観光」カテゴリの記事

コメント

なぁに言ってんの。撮っているのは沖縄だらけでしょ。まあ、JAL沖縄ツアー風でないことは確かだな。上等ですよ。

撮りたいものを、撮るってのがいいじゃないですか。みんなが知らない沖縄って、もっといっぱいあると思います。そうゆうのを、撮るKUWAさんがいいです♪いまのまま、いい☆

コロリさん>
そう、被写体は常に“沖縄”なんですが、
商用に使えそうなものは、8月はほとんど撮っていないですね。

なので、今月のRIKの壁紙は、僕の作品は1枚もありません(^^;)

そのかわり、PORCOさん、さにしゃさん、吉澤直美さんたち、RIKメンバーの作品をお楽しみくださいね(^^)

kaoringさん>
メッセージありがとう!

僕の中には、“ディープ”っていうキーワードは無いんですよ。(意外に思うかもしれませんが)
だから、“みんなが知らない沖縄”を撮っているつもりもまったく無くて。

もっとしっかりと存在しているんですよ。
そこに写る沖縄は、きっと忘れてはならないものなのかもしれません。

 「"みんなが知らない沖縄"を撮っているつもりも全くない」って、いいフレーズですね。支持します。
 こういう表現をこれからも積極的に検証して行かなくては。
 一体、僕の視線(視点)はどこにあるか、常に問うて問うて問うていこう。

いさをさん>
視点をどこに定めていいのか分からなくなるほど、
沖縄は大きくて深いですよね。

「“みんなが知らない沖縄”を撮っているつもりも全くない」というのは確かなんですが、

そういうふうになってしまっているのも、
“売り(商用)の沖縄”のイメージが強かったから、見えにくくなっているだけで、
そもそもは、そこに元々あったもの。

それに焦点をあててみようと、そこから見えてくるものがあるのではないかと思っています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄イメージはない:

« おおたか静流インタビュー | トップページ | たとえ時間がかかっても »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ