« 感謝のまつり『結願祭』 | トップページ | 再び、聖地荒し(宮古関連) »

2006.10.29

108年ぶりに復活した綾門大綱は、国王の代が替わる時の綱

061029b
061029a
061029c
108年ぶりに復活した首里の綾門大綱(あいじょううんなー)。
この大綱曳きと、伊江島の100年ぶりに復活した組踊『操義伝』
とどちらに行くか迷い、相方が組踊好きということを
あとで知るが、今年は首里へ。

元々、この綾門大綱は、国王の代が替わる際に行われたという
由緒あるもの。

今年、それが復活するということ。
その意味、タイミング、すべてが“来た”と思った。

この綱は“三本のカヌチ棒で一つに繋がる平和の綱”だという。
沖縄の人気ブログ……

« 感謝のまつり『結願祭』 | トップページ | 再び、聖地荒し(宮古関連) »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 108年ぶりに復活した綾門大綱は、国王の代が替わる時の綱:

« 感謝のまつり『結願祭』 | トップページ | 再び、聖地荒し(宮古関連) »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ