« ラッキー7、に囲まれて。再び、写真集 | トップページ | 沖縄初は日本初。奥の共同店 »

2006.10.06

十五夜に、首里末吉の神獅子

061006a
061006b
末吉の杜の麓、この地域を護る神獅子。
旧八月の十五夜にだけ、集落を清めるために現れていました。

本日のRIKの記事『なは青年祭』でもご紹介した首里末吉町の
獅子舞(那覇市指定民俗文化財)は、町外での演舞では替え玉。

本物は、村落の護り神としての第三代目の神獅子で、
大切に祀られ、この地域から一歩も外に出ることはありません。

ところが意外なことに、先代の二代目は、
なんと、フランスのマルセイユの議長室に祀られているとの事。
サミットの際に、大切な宝を贈呈し国際貢献したといいます。
061006c
しかし、心配はいらないようです。
贈呈する前に、この地域の御神事を司る神人によって、
第三代目のほうにしっかりと魂が込められ直されているとの事。

「集落の厄を祓い、福を招くこの伝統行事を抜きにして
 祭りだけをもし行ったとしても、
 それはただのイベントになるだけで、意味が無いのです」

と、本来の目的を忘れず、200年の伝統を守り続ける村の護り神。
末吉宮の入口のもっと手前から結界を張る番人が、
この末吉の獅子なのです。
沖縄の人気ブログ……

« ラッキー7、に囲まれて。再び、写真集 | トップページ | 沖縄初は日本初。奥の共同店 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
末吉町獅子舞保存会のGiichiです。
当保存会を紹介頂き有り難う御座います。
これからも伝統の継承に尽力を尽くしてまいります。
暖かく見守っていただけると幸いです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十五夜に、首里末吉の神獅子:

« ラッキー7、に囲まれて。再び、写真集 | トップページ | 沖縄初は日本初。奥の共同店 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ