« 2つの287年ぶりが、同時に蘇る意味とは | トップページ | 龍宮へようこそ »

2006.11.28

なきじん海辺の自然学校

061128a
061128b
061128c
RIKの“海辺の自然学校”シリーズがスタート。

第一弾は、カヤック編ですが、
“カヤック(で遊ぶこと)そのものが目的”ではなくて、

ナビゲーターは、自然観察指導員のnaruさんですが、
主人公はあくまでもnaruさんではなくて、

フィールド・ワークの中に現れてくる、
小動物たちや、大いなる大自然が教えてくれること。
http://okinawa.rik.ne.jp/contents/sea/asobu/beach_school/index.html
そして、母なる大自然からのメッセージ。

それらを、記事を通して疑似体験して頂けたら幸いです。

沖縄の人気ブログ……

« 2つの287年ぶりが、同時に蘇る意味とは | トップページ | 龍宮へようこそ »

今日のRIK」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なきじん海辺の自然学校:

« 2つの287年ぶりが、同時に蘇る意味とは | トップページ | 龍宮へようこそ »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ