« 宮古のクイチャーフェスティバルで | トップページ | ただ綺麗なだけじゃない島から、感じ取ってみて。 »

2006.11.15

沖縄からの微熱な話題

こちらに集まる情報というのは、プレスリリースからではなく、
まっさらな状態にいると、絶妙な巡り合わせが連続してゆき、
“沖縄からの情報”が“インプット”されてくるといったほうが近いのかもしれない。

まるで“これを伝えなさい”といわれているかのような、
もの凄いタイミングで、“いつも直通”で目の前にやってくる。

その情報をここだけのもの(自分たちだけの財産)として留めずに、
ちゃんと“外に向かって”“循環”させること。

そのために、どのようにアウトプットしてゆくのか。
そこにいつも集中する。

それにはインターネットが一番適していた。
なにより早いし、広域に発信できる。
これで十分だと思っていた。

ほかにも、従来からの媒体には、紙もあれば電波もある。

手にとって読める“本”もその有効手段のようで、
出会う“使者”の方々に、突然“本にしてください”と
告げられるのは、どうやら、“その時”なのだろうか。

昨晩は、ようやくその第一歩となった。
敏腕編集のNさんとIさんに、お話を聞いてもらう機会を頂くことができ、幸運にもそこの場にいらしたのが、声を掛けてくださったひとりでもあるHさん。
またいいタイミングで彼女にもご同席して頂くことができた。

これからどのように本にしてゆくのか。
大変な作業でもあるけれど、しっかりとカタチにしてゆきたい。
061115l_1
打ち合わせあとすぐに、
また絶妙なタイミングで、神人Wさんから電話が掛かってくる。
「波動のあるあなたの写真を中心にしたらいいはずですよ」と。

あれもこれも凝縮して詰め込もうと思っていて、
それをどう整理するのかが悩み所だったところに、救いの一言。

みなさん、いつもありがとうございます。
沖縄の人気ブログ……

« 宮古のクイチャーフェスティバルで | トップページ | ただ綺麗なだけじゃない島から、感じ取ってみて。 »

沖縄便り」カテゴリの記事

コメント

ついに紙の媒体に変身するんですね!今から地球各地の書店に平積みされる光景が目に浮かぶ(笑)
波動のある写真ですかぁ…

みのりん>
“このブログ”を紙媒体にするというような、
いわゆる“ブログ本”にはならないと思います。

表現手段が、“ひとつ増える”ことになりそうです^^


※いい波動は、写真に限らず、言葉の中にもあると
思っています^^

あれっ(・・?
わたしもその波動のおこぼれとどいたのか知らん?ただの偶然?

RIKやKUWAさんの情報、
「本」という形にしても素敵だよなぁ~と
ちょうど昨日あたまに浮かんだとこでした。
楽しみです~。

ワクワクしております。不肖わたくし「図書館少女」わはは。いや「活字大好きおばはん」でしたが、毎日のように活字にまみれていたのに・・・。本が活字が読めなくなりました・・・。その代わりお写真とか自然からの波動を感じることは強くなりましたので、波動のよろしいお写真満載の本はきたいしてまっせ~~~。
kUWAさまの納得のいく“上等の本”作ってくださいねぇ。。。

pyoさん>
こんにちは。

それはまたシンクロですね^^

RIKのほうもいいかもしれないですよね。
情報が膨大なので、本のカタチにまとめ直す&追加取材もいいかも☆

イーバル345さん>
ビジュアルからも感じ取られるのですね。

今は写真からとのことですが、文字や言葉であっても、
そこに魂が入っているものなら、きっと読みとれるのでは^^

KUWAさん、こんばんわ。 銀龍です。
今日は記事を3月から5月まで一通り読ませて頂きました。
島や宝コンサートの記事や東御廻りの記事、琉球八社の記事と
私が好きな内容が多くて、楽しく読ませて頂きました。
そのなかでも14聖地の記事は大変共感致しました。
聖地が観光地化され荒らされている状況があるということ。
特に斎場御嶽はそれが顕著に現れていますね。
琉球時代にはほとんど人の出入りの無い場所が今では多くの方々が日々出入りしています。その影響は聖地にとっても大きいように感じます。よい影響ではなく悪い影響として・・・
記事にもありますように、訪れる方が神様へちゃんとご挨拶を
行えば、神様も訪れるのを喜ぶのでしょうが・・・
これからの沖縄観光はこの辺も課題となるのでは?と思います。
またコメントさせて頂きます。

文字や言葉。。。ビンビン感じすぎて、いまは後ろに引いています。自己を守るために・・・。

銀龍さん>
ありがとうございます。

バックンナンバーは3年分くらいはあるので、
大変かと思いますが、ゆっくりご覧になってみてください。

それでも、文章もそんなに長くなりすぎないように注意して書いていますので。

また、写真は小さめですが、このブログのレイアウト上、これ以上は大きくならないので、また本などになる機会がありましたら、そこで大きく表現できるかと思います。

すべてが偶然ではないことに“気がつきはじめた”のは、
ここ1〜2年くらいの話しですが、
自分も、たまに過去のものを読み返したりしています。
(そういう時など、ネットでなくて冊子だったらと思ったり)


さて、斎場御嶽などの件、おっしゃる通りだと思います。
年間、かなりの数が聖域を踏みつけているのですが…、

せめてそこに、“一礼”をする心構えがあれば、
また、変わってくるのではないかと、そんな希望を持っています。

イーバル345さん>
そういうことだったのですね。

でも、イーバル345さんなら、
あまり恐れずとも、きっと大丈夫なような気がするのですが。

KUWAさんは、神さまと一緒に写真を撮られているようですね。

チュプカさん>
決して特別では無いですよ。
僕自信は、ごく一般の人だと思っていますから^^

“感じるままに。ハートで☆”

そんな気持ちでとらえることができれば、
誰にでも撮れるはず。

“沖縄からの波動”はいつもありますから^^
みんなも感じ取ってくれたらと思います。

沖縄は、ただ綺麗なだけの島ではないんです。
何か大切なものを思い出させてくれる場所ですね^^

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄からの微熱な話題:

« 宮古のクイチャーフェスティバルで | トップページ | ただ綺麗なだけじゃない島から、感じ取ってみて。 »

今日は何の日

ライセンス

写真詩集を出版しました。

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ